空気を読みまくり「八方美人」を生きてきた人生でした

周りの人は、私という人間を「人当たりがいい」と表現しました。

ニコニコしていて、穏やかで、主張も激しくなくて。

 

人を敵に回さないタイプ。

争いや衝突が嫌で、調和を保つタイプ。

空気を読んで、空気に従うタイプ。

 

 

それで、なんとなく”イイ感じ”に生きてきたと思います。

無難に生きてきたと思います。

 

 

周りを見ることができる冷静さは、時に強みに、時に重荷になった。

 

 

 

 

 

周りの顔色や周りの空気を気にしすぎてしまう性格は、

思春期の頃に形成されました。

 

中学生のときに経験したいじめです。

いじめられてる間も仲良くしてくれる子はいたから、

今思えばそこまで大したことはなかったんだろうけど、

でもとても傷ついて、不登校になっていた時期もありました。

 

 

「みんなから浮かないようにしなきゃ」

「目立たないようにしていれば、いじめられなくて済む」

「本当は裏で悪口言われてるんじゃないだろうか」

「嫌われたくない」

 

それ以来、人を信じるのが怖くなって、主張することはリスクだと思うようになって、

防衛本能が強く働いて、自我を押し殺すようになりました。

 

 

だから私にとって「意見する」というのは、トラウマに打ち勝つ勇気が必要で、

すごくすごくハードルが高いことだったんです。

 

 


 

 

 

<リスクを背負うくらいなら、私は空気を読みまくって八方美人を生きる。>

 

というか、もはや自覚すらなくて、

「大人たるもの、上手に世間を渡り歩いて生きていくべきなんでしょ?」と

本気で思っていました。

 

だから、我を貫き通す人は煙たく感じたし、

意思を持っていて自分の考えを伝えられる人に対しては、

憧れを抱きつつも、人種が違うものなんだと割り切っていました。

 

たった2年前まで、です。

 


 

最近の私しか知らない人にとっては意外かもしれませんが、

誰でも閲覧可能なブログに自分の思ったことを書いていることや

誘いがあっても興味のないものを”行かない”と言えることは

紛れもない『奇跡』であって、

ましてやセミナーに登壇して人前で喋ったり

自分の失敗や本音や主張を本にまとめて出版するなんてことは

『革命』としか言えないんです!!!

 


 

 

 

「副業」「起業」という切り口ではあるけれど、

15年近くのアイデンティティである「八方美人」という鎧を脱いでいく

0から0.5へのステップアップを書きました。

 

私と同じように、過去のトラウマに囚われて身動きできなくなっている人の

「勇気の欠片」になれたら、嬉しいです。

 

 

 

堤ゆかり 初の著書『OLやめてみませんか?』

Amazonで予約・購入できます!


Amazonのリンクはこちら♡

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。