おすすめ本:『君の膵臓をたべたい』住野よるさん

なんだか、インパクト大のタイトルに圧倒されて

手に取っていなかったのですが、

映画化されることを耳にして、買ってみました。

 

 

君の膵臓をたべたい [ 住野よる ]


 

読み始めたら止まらなくて、一気に読んでしまった…!

 

 

テーマはズバリ、「生」と「人」。

 

 

ストーリー終盤に、

タイトルの本当の意味を知ることができました。

 

涙。

 

旦那さんが仕事をしてる後ろで、何度鼻水をかんだことか。

(きっと仕事の邪魔だったはずw)

 

 

人付き合いや人間関係に悩んでいる人や、

素直になれない自分を変えたい人におすすめです!

 

”主人公の名前の表現の仕方”が独特で、私がそこがとっても好き。

実はこの表現方法にとっても大事な要素が詰まってるから、

ぜひ活字で読んでほしいです。

 

 

 

余韻に浸りながら映画の公式サイトを見てみたら、

ただの原作の映画化ではなく、原作の12年後を描いてる作品なんですって。

 

原作を読んだ後だからこそだと思うけど、

公式サイトに載っていた映画の予告動画を見たら、

それだけでも泣けてきた(涙)

 

しかも、主題歌がミスチルって。…涙誘いすぎ!

 

 

 

ハンカチを忘れずに、映画館に足を運ぼうと思います。