物販ビジネスで不良在庫を抱えないための戦略



 

私たち夫婦も今現在も続けていて、初心者のみなさんにおすすめする物販ビジネスは

「Amazonでの有在庫販売」です。

 

「えっ、仕入れた商品、売れ残ったらどうするの?」

「無在庫販売の方がリスク低くないですか?」

そういう反応をする人も少なくありません。

 

有在庫販売のウケが悪い理由・・・

それは、

『仕入れた商品が売れ残って不良在庫になるのが不安だから』の一言に尽きます。

 

クレジットカードでの支払いと言えど、先にお金を払うわけですから、

それがもし売れなかったら、大きな痛手ですよね…。

 

かく言う私も、最初に取り組んだのが無在庫販売スタイルだったので、

先に商品を仕入れる手法は、すっっごく抵抗がありました!!w

 

それでも、国内物販を本格的に始めた主人やその生徒さんが

どんどん売上を伸ばしていくのを横で見ていて、純粋にすごいなーと思ったので、

どうやって商品選びをしているのか、主人に教えてもらったんです。

 

そうしたら、勘でも運でもなく、理論とデータに基づいて選定をしているとのこと!

不良在庫になる可能性を低くするためのチェックポイントがいくつもあることを知りました。

 

データの見方を学べば、商品を選ぶ思考力と判断力が養われますし、

Amazonは、有在庫で販売している出品者に対して優遇もあるので、

有在庫販売はむしろ一石二鳥!!

神機能!国内物販ビジネスでは「FBAサービス」を使おう



 

教えてもらった手法を元に商品選びをしたら、ちゃんと売れて利益が取れたので、

主人の言っていたことは嘘じゃなかったんだと思いましたし(笑)

その成功体験のおかげで、有在庫販売への心理的ハードルを取っ払うことができました。

 

 


 

 

国内物販ビジネスの商品選び戦略①:「モノレート」のデータをフル活用!

誰でも無料で閲覧できる、「モノレート」というサイトがあります。

商品を検索すると、


このように、最大で過去12ヶ月におけるAmazonでの

最安値の価格・出品者数・売上ランキングの推移などを見ることができます。

 

 

仕入れ販売の物販ビジネスの大原則は、

「お客様が欲しがる商品(ニーズ)を販売すること」と

「コンスタントに売れる商品(回転率)を販売すること」です。

 

いくら安く仕入れても、誰も買ってくれない商品であれば、売上は立ちません。

また、例えば数ヶ月に1個しか売れないような商品ばかりでは、仕入れから売上確定まで間が空くので、

売上金の入金前にクレジットカードの支払いが発生し、キャッシュフローが悪くなります。

だから、モノレートを見て「ニーズ」と「回転率」の度合いを確認することがとても大切なんですね。

 

ちなみに、GoogleChromで使える拡張機能(スマホでいうアプリみたいなもの)の

「Monozon(モノゾン)」 を入れると、直近3ヶ月の販売個数(つまり回転率)が

一目で分かるのでとても便利です!ぜひインストールしてみてください。

 


↑こんな感じで、わかりやすく表で示されます。

 

 

国内物販ビジネスの商品選び戦略②:商品の特性を見極める

商品の特徴を掴むことは、すごくすごく大事な観点です。

 

ニーズがある商品の中には、例えば

「流行に左右されず長年愛されている定番商品」もあれば

「テレビで紹介されて話題の旬な商品」もあります。

 

「定番商品」ということは回転率が安定していることを指すので、

複数個在庫を仕入れても、スムーズに売れていく可能性があります。

 

 

一方の「旬な商品」は、急激にニーズが高まっているので相場価格も高騰しやすく、

売上がぐんと上がることが期待できますが、旬が過ぎたら一気に売れなくなってしまうかもしれません。

調子に乗ってたくさん仕入れてしまうと、在庫を抱えてしまう可能性も…。

旬の商品は、販売のタイミングを逃さず、赤字になる前に短期間で一気に売り切る方がいい場合が多いです。

(※あくまで例で、全てがこの限りではありません。)

 

 

商品特性の見極めは、ちょっと難しく感じたかもしれませんが、

あくまでモノレートに載っている情報から判断すればいいので、

前もった商品知識は必要ありません。

 

モノレートは心強い相棒!

モノレートを見るのに慣れることが、優良バイヤーの第一歩です。

 


 

 

 

もし不良在庫になってしまっても、大丈夫!

過去の販売履歴などデータを参考に論理的に商品を選んでいきますが、

それでも成功率は100%ではありません。

名だたる大企業ですら、試行錯誤しながら商品やサービスを作って世に出しているので、

私たち個人が失敗するなんて、当たり前のことです。

 

ただ、行き当たりばったりで仕入れをするのは、ビジネスではなくギャンブル。

そんなことは絶対にお薦めしません。

 

不良在庫を極力避けるために、モノレートでデータ分析をして、商品特性を掴んで、

商品選定の精度を徐々に上げていきましょう。

 

もし、判断が甘くて仕入れた商品がなかなか売れなくても、大丈夫です!

損をするとお金が消えてなくなる株やFXと違って、商品現物は資産として手元に残っています。

 

・Amazon以外の販売サイトに出品してみたら、売れるかもしれません。

・多少赤字になってしまうけど、値下げして売り切ってしまえば、売上金は入ってきます。

その売上金を次の資金にしつつ、黒字になる商品をたくさん売って赤字分をカバーしましょう。

 

第二、第三の手があります。

挽回できる失敗は、成長に活かす経験値!

失敗したらしたで、その時にまた考えて対応していきましょう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。