国内物販ビジネスの作業の流れ

国内物販ビジネスは、どこで商品を売るのか?



前回解説したとおり、物販での継続収入を叶えるために、

メインの販売先として、圧倒的な集客力と信頼度があるAmazonを選びましょう。

 

 

Amazonは基本的に有在庫販売をしましょう

物販には、商品を仕入れてから販売する有在庫販売に対し、

売れた後に仕入れをする無在庫販売という手法もあります。

 

ただし、BUYMA(バイマ)以外に無在庫販売を公認しているECサイトはおそらくありません。

 

Amazonは「無在庫販売はNGです」と明記はされていませんが、

「期限内に必ずお客様に商品を発送する」というルールがあります。(詳しくは、こちらの記事へ

 

無在庫販売で、売れたのに商品を確保できずキャンセルしてしまっては、

お客様にご迷惑をお掛けするだけでなく、Amazonの信頼が損なわれてしまいます。

 

Amazonでは、しっかりと有在庫で販売している出品者に対して優遇もありますので、

仕入れてから販売する「有在庫販売」をしていきましょう!

(どんな優遇?詳しくはこちらの記事へ

 

 

 

国内物販ビジネスの作業の流れ

有在庫販売の物販ビジネスの一般的な作業の流れは、以下です。

 

①商品探し:販売する商品を選定する

②仕入先選定・価格計算:販売価格を想定し、安く仕入れられるお店を探す(ネット・店舗)

③仕入れ:商品を購入する

④出品:販売するサイトに商品情報を登録する

⑥問い合わせ対応:お客様から問い合わせがあれば対応する

⑦受注対応:注文が入ったらお客様に注文受付の旨メールを送信する

⑧梱包・発送:伝票を用意し商品を梱包、発送する

 

だいたいはこのような流れで進んでいきますが、

販売サイトによって仕様や規約が異なりますので、必ず確認するようにしましょう。

 

ちなみに、Amazonでの販売では、「FBAサービス」を利用することで一連の作業を短縮できます!

 

 

 

先に商品を仕入れるのは、やっぱり不安です…

「いざ仕入れても赤字になってしまったらどうしよう…」

ここまで記事を読んで、そう思いませんでしたか?

 

何を隠そう、私もまったく同じことを考えていたので、よく分かりますっ!

 

 

当然、適当に商品を仕入れてしまったら、赤字や不良在庫が増えていくばかりですが、

私たちが行き当たりばったりで勘で商品を仕入れているかというと、そうではありません。

(それはビジネスではなくギャンブルですからねw)

 

赤字や不良在庫にならないように商品を選ぶ方法を学んで、

知識や情報を元に商品を精査しているので、事業として成り立っています。

 

 

物販において商品選定は超重要項目なので、

次の基礎講座では、「不良在庫を抱えないための戦略・商品選定のコツ」についてお話しします!

ぜひ参考にしてくださいね。

物販ビジネスで不良在庫を抱えないための戦略



 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。