国内物販ビジネスは、どこで商品を売るのか?

誰でもすぐに物販ビジネスを始められる理由

仕入れた商品を販売するとなると、どこか借りるかお店を建てて、内装工事をして開店して…

いわゆる「お店屋さん」をイメージする方も多いかもしれません。

 

お店をつくって運営するとなると、莫大な初期投資が必要です。

 

でも、安心してください!

ネット上で販売すれば、実店舗のような初期費用は要りません!

 

 

どこで商品を販売すればいいのか?

とはいっても、自分でホームページを作ることはおすすめしません。

なぜなら、「圧倒的に集客力がない」からです。

 

どこの誰かも分からない人のホームページで、お金を払って何か買おうとは思わないですよね。

知名度があって信頼されていて、お客様が勝手に集まってくるような場所を選ぶのが得策。

ということで、大手ECサイトで販売しましょう!

 


主な大手ECサイトは、Amazon・楽天・ヤフーショッピング。

オークションサイトのヤフオクもあります。

 

最近だとフリマアプリも台頭しているので、メルカリやフリルも販売先として有効です。

 

 

中でも最初に使うべきは、Amazonです!!

日本最大のECサイトで、圧倒的な集客力があるので、当然商品が売れやすいからです。

(ちなみに、楽天も同様に知名度の高いECサイトですが、販売するための初期費用が数十万円以上かかるらしいので、初心者には向いていません。)

 

 

そして私は、Amazonをベースの販売先にしながら、ヤフオクとメルカリを使い分ける手法を採っています。

ヤフオクは、希少性のある商品やコレクター商品を売るのに適しているので、Amazonよりも相場が高ければヤフオクで販売する場合もあります。

Amazonでは出品できるカテゴリーやメーカーが制限されていることもあるので

(詳しくは「10、国内物販ビジネスで扱うべき商品ジャンル」で解説します。)

Amazonで出品できない商品は、メルカリで販売することもあります。

 

 

 

まとめ

初期費用がかからず、集客力のある大手ECサイトでの販売がおすすめ!

商品特性や相場や規約によって、上手に販売先を使い分けるのが賢い方法ですが、

まずは基本的にはAmazonで販売していきましょう。

 

★物販ビジネス基礎講座★

1、内向的な人に物販ビジネスをおすすめする3つの理由

2、物販ビジネスで収入が得られる仕組み

3、物販ビジネスの種類と特徴

4、初心者におすすめの物販ビジネスはコレだ!

5、国内物販ビジネスは、どこで商品を売るのか?

6、国内物販ビジネスの作業の流れ

7、不良在庫を抱えないための戦略・商品選定のコツ

8、国内物販ビジネスの計算方法

9、顧客対応不要!国内物販ビジネスでは「FBAサービス」を使おう

10、国内物販ビジネスで扱うべき商品ジャンル

11、Amazonの顧客対応ルール

12、Amazonで売上を伸ばすために意識すべき4つのこと

13、国内物販ビジネスで収入を得るためにはどのくらい時間が必要か

14、国内物販ビジネスで結果が出る人と出ない人の4つの違い

お知らせ

【1名から参加可!】「さりげなく稼ぐ私」になる♡物販ビジネス体験ワークショップ

動画「物販ビジネスの概要と継続収入を叶える法則」(約60分)をプレゼント!

「働くって楽しい!」
「稼ぐっておもしろい!」
「今日も1日があっという間だったな♡」

在宅でもできる物販ビジネスで、
そんな毎日を一緒に叶えていきませんか?


詳細・お申し込みはこちら

 

夫婦共同ブログ『夫婦起業〜仕事も家事もコラボする生き方』更新中!

サイトはこちら

 

 

初の著書『OLやめてみませんか?』発売中!

【30代からの働き方に悩む全ての女性へ】

満員電車のストレス、やりがいのない仕事、頑張っても上がらないお給料、面倒な人間関係……限られた収入と週末のために、平日を我慢していませんか?やる気なし・目標なし・自信なしの元事務職OLが、働き方を模索し辿り着いた「起業のリアル」をお伝えします。

ご購入はこちら