物販ビジネスで収入が得られる仕組み



※同内容の動画もあります。音声で学びたい方はぜひご活用ください!

 

 

物販ビジネスとは?お仕事の概要

「物販ビジネス=セレクトショップの店長になる」

そんなイメージで考えると分かりやすいと思います。

 

自分で商品を選び仕入れてお店に並べ、適正な価格で販売するのが、物販ビジネス。

 

ただし、自分の目利き・センスや商品知識がなくても大丈夫!

ルールに沿って見るべきポイントをチェックして、

多くの人が欲しいと思っている商品(ニーズがある商品)を選定するだけなので、

ルールさえ知れば誰でも結果を出すことができます!

(商品の選び方は「7、不良在庫を抱えないための戦略・商品選定のコツ」で詳しくお話しします。)

 

 

物販ビジネスの収益モデル

物販ビジネスの収益モデルはとても単純。

《売上》ー《経費》=《利益》

つまり、「販売価格とコストの差額の積み重ね」が物販の利益になります。

 

物販における経費は、例えば以下のようなものがあります。

・商品の仕入れ代金

・商品を配送するときの送料

・ネットで販売した際の手数料

 

 


 

 

物販ビジネスの販売戦略

人気のセレクトショップになるためには、

①いかに売れる商品を仕入れることができるか

②いかに経費を削減できるか

というふたつのアプローチをする必要があります。

 

いかに売れる商品を仕入れるか

販売価格とコストの差額が大きい商品を探し販売するのも有効な戦略ですが、

利幅の大きさを追求するとなると、5万円以上の高価格帯商品を扱う場合がほとんどです。

 

そこで、知識が定着するまでの初期の段階では、

利幅は小さいけれどよく売れる商品をたくさん売って利益を重ねることから始めるのが堅実な戦略です。

 

慣れてきたら、高価格帯の商品も挑戦して、取り扱う商品の幅と価格帯を広げて

売上を伸ばしていきましょう!

 

 

いかに経費を削減できるか

経費削減はビジネスの基本ですよね。

お客様に喜んでいただけるよう、抑えるところは抑えましょう。

 

・仕入れコストを抑える工夫

同じ商品でも、買う場所や買うタイミングによって価格は異なります。

よりお得に仕入れるためには、購入先の選択肢を多く知っておきましょう。

 

・配送コストを抑える工夫

商品の特性や体積から判断して、1番安い配送方法を選びましょう。

例えば、小さくて軽いCDや小物は、「クリックポスト」を使えば全国一律たった164円!

宅急便やレターパックに比べると破格の安さです。

 

月に何十個・何百個と商品を販売するので、この数百円の差が利益率に大きく響きます。

面倒くさがらず、上手に使い分けましょう。

 

 

物販ビジネスを始める際に必要なもの

①パソコン

家にある不用品を売るだけならスマホだけでも十分ですが、

”セレクトショップを運営”するにはパソコンは必要です。

メーカーなど気にしなければ数万円程度でも手に入るので、

お持ちでない方はこの機会に購入しましょう。

 

ネット環境を整えておくことも大事です。

 

②クレジットカード

商品の仕入れ時は主にクレジットカードを使います。

つまり、クレジットカードの限度額=仕入れの限度額=売上の限度額。

入会費・年会費無料のカードであれば何のリスクもありません。

少なくても2〜3枚は用意しましょう。

(ポイントの使い勝手が良い楽天カードが特におすすめです!)

 

③銀行口座

売上は口座に振り込まれるので、必ず必要です。

プライベート用のものを使っていただいて問題ありませんが、

収支が管理しにくいと感じたタイミングで物販用に新たに口座を作っても構いません。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。