モチベーションが下がったときに考えるべき「4つの質問」

SNSで色んな人の投稿を見て、

私と主人が運営している物販スクールの生徒さんの指導をしていて、

「人のモチベーションの源泉は何なのか?」というテーマが

この数日の私の頭の中の大部分を占領しています。

 

 

一度はやると決めたにも関わらず、行動できない・続けられないのは何故なのか…

そういう人たちの気持ちの揺れ動きを知りたいんです。

 

とは言っても、やると決めたのに挫折してしまった経験は私にもあるので、

自分の経験談を踏まえながら考察していこうと思います。

 

 

 

 

まずは、モチベーションが保たれた事例。

私はOLをしながら副業をしようと決めて、ノウハウを学ぶために数十万円を払って

物販ビジネスの塾に入りました。

そんな大金を自分のために使うだなんて人生初のことだったので、

銀行で振り込みをするときは心臓がバクバクしたのを、今でも覚えています。

 

最初の頃は、本業や家事との両立が上手くできなくて寝不足になってしまったり、

計算を間違えたがためにある商品の売上が赤字になってしまったり、

ぐんぐん成果を出している仲間と比較して、卑屈になって落ち込んだり、

ネガティブな出来事も失敗も何度もありました。

数日くらい、やる気が起きなくてパソコンを見るのも嫌になったことも。

 

それでも、私は「もうやめちゃおう」と思ったことはなかったです。

塾の在籍期間の半年間、つまづきながらも、決して諦めることなく続けました。

 

 


 

 

当時の「やる気」はどこから湧いてきていたのかを改めて振り返ってみると、

一番の原動力は「悔しさ」「不満」だったんだと思う。

 

キャリアアップの道もなくお給料やスキルが上がることもなく、

淡々と毎日8時間を献上する生活が虚しくて仕方がなくて、

我慢の限界だったんですよね(笑)

 

「現状から抜け出したい」

「変わりたい」

そう心から思ってました。

 

このままじゃ私の人生ヤバい…と、危機感すら感じていたかも。

 

だから、諦めるという選択肢はなかったです。

 

 

それから、最初の頃は

「投資した数十万円をいかに早く回収するか」に燃えてましたね。

 

自分で収入をつくるために投資した金額すら稼ぐ前に止めるだなんて、本末転倒じゃないですか。

 

一時期、「元を取るという考え方は低レベルだ」みたいな言葉をよく目にしていて、

「私ってがめついのかな…」と恥ずかしくなって周りに言えなかったけれど、

実際のところは、かなりモチベーションになっていたんですよ。

 

時間とお金を無駄にしたくなかったから、

「投資額を自力で稼ぐ」は最初の指標にしていました。

 

 

「現状維持に対する危機感」と

「自分に費やす時間とお金は無駄にしたくない気持ち」が、

当時の私のモチベーションの要素でした。

 

 


 

 

 

今日読んだ『モチベーション革命 稼ぐために働きたくない世代の解体書』の内容にも

リンクしていて、なんだかおもしろい。

 

アメリカの心理学者のマーティン・セグリマンという人が唱える

「人間の幸せの種類」は5つあるらしいです。


①達成…成し遂げる(例:過去最高売上を叩き出す)

②快楽…ドーパミンが出る(例:大好きなケーキを食べる)

③意味合い…行動の意味や頑張る意味が分かっていること(例:「副業で成果が出れば、ノマド生活を実現できる!」と思いながら副業する)

④良好な人間関係…好きな人たちとの時間や空間に重きを置く(例:地元の友達と楽しく時間を過ごす)

⑤没頭…夢中になる・ハマる(例:趣味を仕事にする)

 

上の世代の人たちは①と②が大きなモチベーションになっていたけど、

高度経済成長が終わってモノに囲まれている30歳以下の世代は③〜⑤を重視している、

という主張で著書は進んでいくのですが、

私が副業をしていた頃はまさに③が1番強かったなー。

「自分で起きる時間も働く場所も仕事内容も決めて、自由に働いて生きたい!」と思っていたから、

その手段として副業に取り組んでいるんだと、はっきりと認識していました。

 

あとは④も強い。

「旦那さんと平日もゆっくり一緒にご飯を食べたい」

「誰に遠慮することもなく、行きたいときに行きたい場所に夫婦で旅行したい」

と思ってました。

 

③④を起点にして、①②⑤も全て徐々に満たされていった感じですね。

 

 

実は、サイトを作って広告収入を得るアフィリエイト事業にチャレンジしたものの、

全然続かなくて結局投げ出しちゃったこともあるんですけど(笑)

まさに「③意味合い」が曖昧だったことに原因がある気がします!

 

「なんとなく、収入源を増やした方が良さそう」

「新しいことをちょっとやってみたい」

くらいにしか思ってなくて、時間や労力をかけてでもやるべき理由が、不明瞭でした。

結局、「優先順位」が低いままだったんだと思います。

 

 


 

モチベーションがすぐに下がってしまう人は

①「”5つの幸せ”のどれが自分にとって最も大切なのか?」

②「”5つの幸せ”それぞれの充足度は何パーセントなのか?」

を洗い出してみると良さそうですね!

 

その上で、

③「今私がやっていること(やろうとしていること)は良い選択なのか?」

④「これから自分はどうしたい?そのために、今日はどんな行動を取る?」

自問自答してみる。

 

もしくは、これから何かを新たに始めるタイミングであれば、

モチベーションが必要以上に落ちないように、最初にノートに書き出してみるとか。

 

 

 

私も、なんだかやる気が起きないときや挫けそうなときには、

このブログを読み返して、自分を客観視してみよう。

 

お知らせ

夫婦共同ブログ『夫婦起業〜仕事も家事もコラボする生き方』更新中!

サイトはこちら

 

 

初の著書『OLやめてみませんか?』発売中!

【30代からの働き方に悩む全ての女性へ】

満員電車のストレス、やりがいのない仕事、頑張っても上がらないお給料、面倒な人間関係……限られた収入と週末のために、平日を我慢していませんか?やる気なし・目標なし・自信なしの元事務職OLが、働き方を模索し辿り着いた「起業のリアル」をお伝えします。

ご購入はこちら