おすすめ本:『頭の決まりの壊し方』小池龍之介さん

本屋さんで目にして、タイトルに惹かれて買った本。

 

 

頭の決まりの壊し方 [ 小池 龍之介 ]



 

おもしろかったですよ!じっくり何度も読み返したい本。

世の中の”常識”に疑問を投げかける、切り込んだ内容になってます。

 

たとえば、

『欲がなくなると努力できなくなる』

とかね。

 

自分の頭がいかに凝り固まってるのかを実感できるのはもちろん、

”一般的常識”と小池さんの両意見を取り入れることを機に

「私はどう思うか?」の視点が養われます。

 

 

 

 

私自身も、”思い込み”にがんじがらめになってたことに気づいたんです。

(というか、薄々気づいていたけど見て見ぬふりしてた、というか。)

 

 

「会社を立てて丸2年が経つわけだし、もっと事業を大きくしないと。」

「社会貢献を理想に掲げて、立派な理念を基に活動しないと。」

「協働や繋がりを意識して、人を引っ張る存在にならないと。」

 

”こうあるべき”に囚われて、でもそれができなくて自信をなくして、

自分がこれからどうしていけばいいのか、迷っていました。

 

誰に何か言われたわけでもないのに、

SNS上の多数意見(”流行”)に自分も合わせなきゃと焦ってしまって…。

 

学生時代、レスポのポーチをペンケースとして使うのが流行ってたんですけど、

あれと同じ感覚ですね。乗り遅れないように、私も買わなきゃ、みたいな。

 

本当に好きなデザインなのか、とか

本当に自分に必要なものなのか、とか

そういうの全部無視して人に合わせてたな。

(レスポ、けっこう高かったのに…w)

 

 

私が目にしているSNS上の情報も、偏っているほんの一部の世界。

 

本を読んで自分を俯瞰できたことで、

狭い世界で私は何を勝手にもがいてるんだろうとハッとして、

自分が恥ずかしくなりました。

 

 

 

「会社を立てて丸2年が経つわけだし、もっと事業を大きくしないと。」

→大きくするだけが成功じゃない。

自分がやりたいように、やると決めたことをやればいい!

 

「社会貢献を理想に掲げて、立派な理念を基に活動しないと。」

→そんな大それたビジョンなんて今はまだない。

「夫婦で笑顔で楽しく過ごしたい」が出発点でいいじゃん!

まずは、自分の生徒さんの幸せのサポートに注力したい!それでいいじゃん!

 

「協働や繋がりを意識して、人を引っ張る存在にならないと。」

→性格上カリスマ的リーダーにはなれないし、そもそも私が目指したい姿じゃない。

私は、マイペースに、自分の興味を深めていきたい!

自分を前面に出さずともできる事業だって、たくさんあるし!(物販然り)

 

 

はー、書いてすっきり♡

 

 

 

「誰か」みたいにならなくていい。

「私がどうしたいか」を基準にすればいいんですよね。

 

きっと、答えはいつも、シンプル。

 

 

来年の私に向けて、自分の思い込みを壊している、ここ最近です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。