おすすめ本:『通りすがりのあなた』はあちゅうさん

先月買ってから、いつ読もうかどうしようかタイミングを見計らって、

ついにおととい読みました。

 

 

通りすがりのあなた [ はあちゅう ]



 

 

「名前をつけられない関係性」をテーマに、7つの短編から成る作品です。

 

 

私がはあちゅうさんの文章が好きで、かつ念願の初の小説ということで、

大切にページをめくりたくて、ゆっくり家で読めるタイミングを待っていたんです。

 

 

 

なんだか曖昧で、脆くて、苛立ちや自分本位なネチネチ感も描かれていて、

すごく人間っぽかったです。

 

でもだからといって消化不良な感じも受けず、

読み終わって、体温が少し上がった気がしました。

暖かくなって、心がほぐれて、なんだか温泉に入ったような感覚。

 

 

物語の中身もおもしろかったけど、文章の「丸み」や「暖かさ」が好きです。

 

私は同じ小説を読み直すことは少ないので、

読み終わったら大抵すぐ売っちゃうんですけど、

この本は、自分の本棚に戻しました。

 

少し疲れてほっとしたいときが訪れたら、また読み直そうと思います。

 

 

 

 

はあちゅうさんの文章は、強気で鼓舞するようなものよりも、

『真夜中にシュークリーム』みたいに、柔らかい方が好きだな♡

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。