怒りの感情の矛先。

ここ最近いちばん驚いたこと。

 

うちの旦那さんは、イラっとすることがほとんどないらしい…!

 

怒りの感情を意識して解消しているわけでもなく、

そもそもイライラすること自体がレアなんですって!!

 

出会った頃から大らかで優しくて、

だからこれといった夫婦喧嘩もなく過ごせているわけだけど、

怒りの感情が沸くことがないと答えた彼が、私の目には神々しく映りました…。

 

 

 

なんでこんな話題になったかというと、

私自身が最近イラっとしてしまうことが多くて。

 

ひとつひとつは些細なことで、毎回すぐに怒りは収まるんだけど、

そんな自分がなんだか嫌だなーと思っていたから、

旦那さんにふと「怒りの解消法」を質問してみたんです。

 

 


 

 

具体的な解消法を彼から聞くことはできなかったけれど、

すぐにイラっとしてしまう自分は耐性がなくなりすぎてるんじゃないかと

心の内を話してみたら、それだけで収穫がありました。

 

 

負の感情を抱くこと自体は悪いことではないと私は思っていて、

ネガティブな側面がある方がむしろ人間っぽいというか、自然体だと感じる。

 

だから、ネガティブになる自分を頭ごなしに否定しないように心がけているのですが、

ここ最近のモヤモヤは、「怒りや苛立ちの感情を旦那さんにぶつけてしまうこと」に対して

後ろめたさや申し訳ない気持ちがあったみたいです。

 

 

私がちょっとイライラしているタイミングで話しかけられたときに

彼に刺々しい態度を取ってしまう度に、

「あーまたやっちゃったー」と自己嫌悪に陥ってたんですよね、私。

 

 

そして、我ながら面白かったのは、

このまま自己嫌悪に引っ張られて自分を責めることはせず、

感謝の気持ちでいっぱいになって、温かい気持ちになったんです。

 

 

喜怒哀楽どの私でも包み込んでくれる”彼の懐の深さ”を改めて実感して、

とても幸せな気持ちになりました。

 

 

これからもきっと、イラついた気持ちを彼にぶつけてしまうかもしれない。

もしまた同じことを繰り返して「またやっちゃったー」と思ったら、

その分「ありがとう」ってちゃんと本人に伝えることにします。

 

お知らせ

夫婦共同ブログ『夫婦起業〜仕事も家事もコラボする生き方』更新中!

サイトはこちら

 

 

初の著書『OLやめてみませんか?』発売中!

【30代からの働き方に悩む全ての女性へ】

満員電車のストレス、やりがいのない仕事、頑張っても上がらないお給料、面倒な人間関係……限られた収入と週末のために、平日を我慢していませんか?やる気なし・目標なし・自信なしの元事務職OLが、働き方を模索し辿り着いた「起業のリアル」をお伝えします。

ご購入はこちら