鍛錬の数が躍進を支える

連休初日の今日は何をしていたかというと、相も変わらず家であれこれ。

主催しているオンラインサロン「ワーラブ」のコラムも2記事アップしました。

 

 

 

このブログもそうですが、私は文章を書くのにすごく時間がかかるので

(理由は、結末を決めて書き出すのではなく、たいてい考えながら書くから。

だからこそ、ブログを書いている時間そのものに価値を置いています。)

今でも1記事1時間ほど費やすこともしばしば。

 

サロンのコラムも、エネルギーを込めて時間をかけて毎回書いています。

 

 

だから、文章を書くと、エネルギー残量が途端に少なくなるので、

好きなことと言えど、ヘロヘロな状態になります。

 

…というのは、

ブログの更新が鈍る自分への言い訳だったりするのですがw

 

 

 

 

 

こんなの不甲斐ないので、書くことに対するスタミナをもっとつけたいです!

 

そのためには、書くしかない。

基礎体力を上げる方法は筋トレする以外にないから、とにかく書き続けよう。

 

 

 

作家・ブロガーのはあちゅうさんがどこかで書いていた言葉が

すごくかっこよくて、携帯のメモに書き残してるんです。

 

書くことがない日に書けるのが作家だと思ってるから、

毎日が修行だと思って書いています。

 

 

書く気満々でモチベーションが高いときに書けるのは、当たり前ですもんね。

 

「これ書きたい!」とときめかない日やパワー残量が少ないときにパソコンに向かえるかどうかが、

あたまひとつ出るか出ないかの瀬戸際であり、本気度の差なんだなー。

 

 

 

前に書いて反響があったこの記事とも、リンクした!

http://yukaritsutsumi.com/archives/9209

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。