ワクワク純度100%の「好き」はフェイクである。

私は文章を書くのが好きで、

書きたいときに書きたいことをブログに書くのが好きです。

 

『私が感じたことや気づいたことが、誰かの「糸口」になればいいな。』

そんな思いで書いています。

「教えたい」というより、ただただ「表現したい」というニュアンス。

 

 

 

だけど、書くのがしんどいときが、実はけっこうありまして。

 

常にルンルン気分でいられないということはつまり、

「言葉で表現することが”好き”という気持ちは、偽物なんじゃないか」と

自分で自分を疑うことを、頭の中で何度も繰り返してきました。

 

 

だから、先日の『カンブリア宮殿』に出ていた

バルミューダ社長の寺尾玄さんの生き方に、救われた気がしたんです。

 

「楽」と「楽しい」は全く違う物で、バランスは人それぞれ考えればいいけれど、

私は120%「楽しい」を選びます。だから、基本的には「苦しい」んです。

 

文脈としては、こんなことを仰っていたんです。

 

「家電ではなく”体験”を売る」「他の真似はしない」という信念の元

商品アイデアを社長自らが出しているそうなので、

”創り出す苦しさ”を常に強く感じていらっしゃるように私には見えました。

そして何より、情熱的で、すごくすごく楽しそうでした。

 

※『カンブリア宮殿』公式HPはこちら

 

 


 

 

「情熱を傾けられるもの」や「好きなこと」には、

「辛い」「苦しい」といった感情が介入したらいけないものだと思ってました。

負の感情が混ざっている時点で、「好き」という気持ちは不純なのではないかと。

 

 

でも、もう、その疑問は晴れた気がします。

 

「こだわり」や「理想」あるいは「執着」があるからこそ、苦しくもなる。

それでもやっぱり離れられなくて、求めてしまう。

「好き」の対象は、中毒性を持つ悩ましい存在なんです、きっと。

 

むしろ、ワクワク純度100%の「好き」こそがフェイクなんじゃないかな?

 

 

いくら書き続けても、完璧も完成もゴールも存在しない。

 

素敵な文章を目の当たりにすると、

読み手として幸せな気持ちになる一方で敗北感と嫉妬を感じて、

心の中はだいたいいつも忙しい。

 

手が届かないことを知りながら、それでも、追い続けてしまう。

また一言、また一文、とキーボードを叩いてしまう。

 

なんだか、片思いをしてるみたい(笑)

 

 

でも、そういうことなのかなって今は考えています。

 

 

やっぱり私、言葉で自分を表現することが「好き」です。

 

お知らせ

Twitter更新中!

元事務OL→夫婦で独立3年目。ふたりで週5在宅生活を満喫中の私が、

『内向型を強みにする』を読んで救われた経験を元に、

内向性を活かす生き方や夫婦関係をつぶやいています!

Twitterを見る

 

 

夫婦共同ブログ『夫婦起業〜仕事も家事もコラボする生き方』更新中!

私たちの働き方や福岡移住計画について、夫婦でブログを書いています!

ブログを読む