ステータス化される発信者、最強説。

今朝、キングコング西野亮廣さんのブログを読んで、気づいたことがあって。

その記事は、Twitterのキャプチャが貼り付けられていて、

色んな人が自分に関するこんなツイートをしてくれてますよーという内容だったんです。

 

 

西野さんは、自分についてつぶやかれているツイートをリツイートしまくるので、

西野さんのTwitterをフォローしてる私も、当然それを目にすることが多い。

 


↑ 実際の私のTwitterのフィード。こんな感じ。

 

 

それで、思ったんです。

 

影響力のある人の共通点のひとつは、「誇りを感じさせられる人」だと。

 

西野さんの名前をお借りすると、

「西野さんのビジョンや発信を知ってる自分って超いい感じ♡」

「インプットした西野さんの発言や考えを、誰かにシェアしたい!」

 

 

西野さんのことも好きだし、西野さんのことが好きな私も好き、っていう。

ある意味での「ステータス」みたいなものを感じてもらえる発信者は、強いと思う。

 

結果的にそれがTwitterでのつぶやきや口コミに繋がって、さらに影響力が強くなるわけだし。

 

 

ブランドとか、アーティストとかも、同じかもしれないですね。

 

 

 

とすると、発信する者として留意すべきは、

「お気に入りのアクセサリ」だと思ってもらえるか。

 

しかも、万人受けする形を目指すんじゃなく、自分をそのまま素直に出して、

”私というデザイン”を好きと言ってくれる人に向けて、伝え続ける。

 

 

これを身につけると元気になる!

癒される!

これがないとなんだか落ち着かないんだよなー!

 

 

そんな風に、自分の文章が”誰かの人生の一部”になったら嬉しい♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。