おすすめ本:『ハケンアニメ!』辻村深月さん 

今読んでいる小説。

 

 

ハケンアニメ! [ 辻村 深月 ]



 

 

 

 

前に読んだ『スロウハイツの神様』がすごく良くて、

同じ作者さんだなーと目に止まって買ってみた本です。

 

 

今日も珍しく外出して(笑)ランチしに行ったんですが、

移動中に今日も読み進めて、1章まで読み終わったところ。

 

 

アニメを作る人たちの話なんだけど、

仕事にかける情熱や人知れず抱えるプレッシャーや、

人としての弱さや強さが描かれていて、読んでいる側も熱くなるので、

仕事で悩んでいる人は背中を押されるだろうし、

仕事に一生懸命取り組んでいる人は共感できると思います。

 

 

 

私は、仕事にプライドがあってありったけの情熱をかけている彼らが、

純粋にすっごく羨ましく感じました。

 

失敗を繰り返して、周りに嫌味を言われたりもしてるんだけど、

熱意がそれらを上回っている彼らが、かっこいい。

 

 

不器用でもいいから、がむしゃらになれる自分になりたい。

 

 


 

 

「ひょうひょうと生きていたい」

「感情の波が穏やかな自分でありたい」

と思うが故に、「熱量」が低くなっているのかもしれない。

 

良く言えば「冷静」、悪く言えば「冷めてる」w

 

 

この本を読んだおかげで、

自分の中途半端さに、もやもやしてきました。

 

今はなんとなく、「余力を残してる」気がする…。

 

 

そんなの、やっぱり嫌だ!!

 

 

表にわざわざ出したくはないけれど、

自分の心の中では、”静かな炎”を燃やしていたいです。

 

 

もっとできることがあるし、

もっと熱中したら、きっと自分の気持ちも周りの反応も変わる。

 

 

まだまだ変われるし、まだまだ変わりたい。

 

そんなことを、思っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。