『明確な憧れ』は、自分を変える「特効薬」

以前ウェディングの営業の仕事をしていた頃。


念願の業界に入ることができて、やりがいはもちろんありました。


でも、土日は必ず出勤で、定時は20時。

(少しでも残業すると帰りが本当に遅くなる…!)

 

不規則で忙しい環境だったので、

結婚が決まると寿退社する人がとても多かったんです。

 

 

周りがみんなそうだから、

「やりたい仕事と家庭は両立できないものなんだ」

無意識に常識化していました。

 

 

 

 

その後転職して金融の事務の仕事をしていた頃。

バリバリ働く営業さんほど、

「実績が上がる→お給料も上がる→責任が増える→忙しくなる」。

 

仕事ができてかっこいいけど、時間の余裕がなさそうでした。

 

 

一方の事務職は、残業もなく仕事も限られていたから、

いわゆるワークライフバランスは取れていて。

 

でも、キャリアアップの道はほぼなかったし、

正直なところ、

心から楽しそうに働いている先輩や同期は、ほとんどいなかった。

 

 

「楽しくてやりがいを感じる仕事と、時間の余裕と、得られるお金…

全部を手に入れることはできないんだ」

そう思っていました。

 

 


 

 

テレビや雑誌で見る華やかな人たちは遠い存在に思えて、

ますます、自分の周りや付き合う人たちの生き方が

”自分の生き方のレール”になってしまいませんか?

 

 

私も例外なくそうで、

・やりがい
・時間の自由
・十分な収入
・仕事に打ち込める自分…

本当は欲しかったものたちを天秤にかけては、

何かを諦めて捨てる人生を送ってきました。

 

 

だけど今は、

天秤にかけない生き方にシフトしています。

 

楽しく仕事したいし、お金も欲しいし、

趣味にも時間を使いたいし、旅行も行きたいし、

旦那さんと過ごす時間も楽しみたいから!!!

 

 

 

心の中にしまっていた、わがままにも似た願望を

こうして公言できるようになったのも、

実際に叶えるために行動できるようになったのも、

”欲しいものを天秤にかけずに生きている女性”に

『直接会ったから』に他なりません。

 

 

2014年の秋、物販を始める前に足を運んだビジネスセミナーに登壇した方が、

私にとって初めてのロールモデルです。

 

子どもとの時間をしっかり取りながら仕事も楽しんでいて、

各地でセミナーも開催していて、もちろん稼いでいて、

メイクやファッションもすっごく可愛くて。

 

 

「あの人みたいな働き方を私も実現したい!」

「仕事もファッションも恋愛も楽しんでいて、キラキラしていて羨ましい!」

 

 

「あの人みたいになりたい!」という『明確な憧れ』が、

自分を変える「特効薬」になったんですよね。

 


 

だからこそ、副業をやり遂げられたし、

OLを辞める決断をして、実際に達成できた。

 

 

「人との出会いによるインパクト」の影響は計り知れないですよ。

 

 

だから、

・職場に憧れるロールモデルがいない

・将来に漠然とした不安がある

・今の生活に心から満足していない

という方は、

今の生活環境にはいないような人や憧れを感じている人に

「会いに行く」ことをおすすめします!♡

↓ ↓ ↓

こちらをクリック

お知らせ

夫婦共同ブログ『夫婦起業〜仕事も家事もコラボする生き方』更新中!

サイトはこちら

 

 

初の著書『OLやめてみませんか?』発売中!

【30代からの働き方に悩む全ての女性へ】

満員電車のストレス、やりがいのない仕事、頑張っても上がらないお給料、面倒な人間関係……限られた収入と週末のために、平日を我慢していませんか?やる気なし・目標なし・自信なしの元事務職OLが、働き方を模索し辿り着いた「起業のリアル」をお伝えします。

ご購入はこちら