自分をコントロールするコツを知る方法

副業で物販ビジネスを学んでいた頃のビジネスコミュニティのメンバーや、

独立後に自分が講師になって、物販ビジネスを学ぶ生徒さんを50名以上見てきて、

「モチベーションの根源は、人によって違うんだ」ということを知りました。

 

 

こうして言葉にしてみると、当たり前のことのように感じるけど、

自分にとっての当たり前は、他人にとっての当たり前じゃないんですよね。

 

例えば、私は、焦りたくないし確実にこなしたいから、

スケジュールを立てて期限までに余裕を持って課題に取り組むタイプなんです。

 

だから、直前になって追い立てられるように動く人の気持ちが

全然分からなくて(笑)

 

他にも、数字や成果を追うと燃える人もいれば、

数字を意識しすぎると苦しくなって動けなくなる人もいたり。

 

 

自分が良かれと思って提案したことや発した言葉が

逆効果になってしまった苦い経験もあるので、

「どうしたらその人それぞれのタイプに合ったフォローができるのか」を

ずっと試行錯誤しています。

 


 

そんなとき、先日参加したセミナーでたくさんヒントをもらいました。

http://yukaritsutsumi.com/archives/8296

 

そのひとつが「エニアグラム性格論」。

ソニーやトヨタなど大手企業でも教育に活用されている性格分析で、

人の性格を9つに分類して、その人の傾向や大切にしていることが示されています。

 

直感で質問に答えていって、その統計で自分のタイプを知ることができるんです。

 

無料でネットで診断できるものもいくつもあるので

まずはそれを試してみてもいいですが、あくまで簡易的なものなので、

詳しく知りたい方はもう少し調べて本を買うなりすることをおすすめします!

 

私もネットで見つけたものをいくつかやってみたんですが、

いまいちピンとこなかったので、本を買ってみました。

 

『エニアグラムで分かる9つの性格』(ティム・マクリーン、高岡よし子)

『人間は9タイプ 子どもとあなたの伸ばし方説明書』(坪田信貴)

 


 

特に、『人間は9タイプ』の方は分かりやすくて参考になりました。

ビリギャルの著者で坪田塾の塾長の、あの坪田さんの本です!

 

エニアグラム理論を含めた心理学を元に坪田さん流に分類したもので、

90問の質問に答えて、どのタイプに近いのか診断します。

 

子育てという切り口で書かれていますが、

パートナーとの関係性やビジネスの場でも応用できるので、

お子さんがいない方でも楽しめます。

 

 

私の診断結果は、「調停者」。

「平和と調和が好きな、ゆったりマイペースな人」だそうです(笑)

 

あとは、「完璧主義者」と「楽天家」の要素も2番目に強かったです。

 

それぞれの解説を読むと、

やっぱり「調停者」に当てはまることが多くて納得でしたね。

 

 

でもそれ以上に、

人間はきっかり9つのタイプに分類されるわけではなく、

「矛盾」や「対面性」を持ち合わせている生き物なんだと感じました。

 

 

私の場合だと、段取りの良さを重視していて目標達成意識もある反面、

スケジュールがかっちり決まってるのが嫌で

あくまで自分のペースを保ちたいわがままさもある(笑)

 

なんだか不思議だけど、

そんな二面性も含めて自分を分析するとおもしろいです!

 

 

診断結果を鵜呑みにして決めつける、というよりは、

診断結果を見て本を読んで、そこに書かれていることを意識しながら

日常を過ごして自分を観察するといいと思う。

客観的に自分を見れる気がします。

 

 

ちなみに、旦那さんにも診断してもらったけど、

上位3つのうち2つが同じタイプだった(笑)

 

 

一緒にいる時間が長いからなのか、

似ているところが多いってことですね、きっと。

どうりで居心地がいいわけだ♡

 

 

 

来月から物販ビジネスの新しいコミュニティを発足するので、

生徒さんのプラスになるように、

エニアグラムや坪田さんの本を活用していくつもり。

 

 

為になるコンテンツになりそうで、私も楽しみです♡