自分の立ち位置を最適化する

やっぱりまだまだ、誰かになろうとしてました。

 

バリバリとセミナーやコンサルをして活躍している

女性起業家さんに囲まれていると(SNS上含めて)、

「自分もそうならなければいけない」という

マイナスエネルギーが勝手に発動して、

私が私を強迫観念で包んでしまうことが、未だにある。

 

 

そんなこと、本当は誰も強制してない。

それなのに、”あの人たち”になれない自分を過小評価しては、

自分に足りないものばかり粗探ししていました。

 

 

SNSで仕事が順調そうな人を見ると

嫉妬することが今でもたまにあるんだけど(笑)

その方たちの傾向を冷静に見てみると、

自分とは真逆のタイプなんですよね。

 

全国・世界を飛び回ってセミナーを開催してる方。

人と会うのが楽しくて仕方なくて、家ではじっとしていられないタイプ。

一等地に住んでセレブ感のある方。

ビジュアルに華があってタレント性がある方。(つまり美人さん)

 

 

書き出してみて思ったけど、

私の理想の在り方とは違うんですよね。

 

…私は何に嫉妬してるんだっていうw

 

「憧れ」と「理想」は、似てるようで違う。

他人と自分に境界線を引けていなかったんですね。

 

 

とにかく自分をぐいぐいアピールして、自分を売っていかなきゃいけない。

そうでなければ、ビジネスマン失格だとさえ

思い込んでいたように思います。

 


 

 

去年の夏に受講していた継続コンサルティング

講師の南城久美子さんにかけていただいた一言が、

ずっと引っかかっていたんだけど、

半年経った今、やっと分かった気がしています。

 

 

「サポート・マネージャーみたいな、ナンバー2のタイプ」

そう言われたんですよね。

 

 

実は、当時は全然腑に落ちなくって(笑)

自分自身を売り出したい気持ちでコンサルを受けていたわけで、

「いやいや、私も第一線でやりたいし」と思ってたんです。

例えば誰かの事務サポートをするとか、そういった黒子的な仕事はしたくないと、

信じて疑わなかった。

 

でも、紆余曲折があって、

表舞台に立つ仕事(講師業やセミナー)の割合を少なくしてるんだけど、

今も仕事が楽しいんですよ!

 

パソコンに向かって物販ビジネスをするのも楽しいし、

物販ビジネスを知りたい人に教えるのも楽しいし、

ブログやメルマガを書くのも楽しいし、

旦那さんの仕事のフォローや夫婦協働の作業も楽しい。

 

自分が1番上に立たずとも、

自分がメインのコミュニティを持たずとも、

私は純粋に楽しいんです♡

 

誰かの下につくというのは想像できないけど、

(マイペースでいたいのでw)

彼と補い合いながら、協力しながら、という意味での「ナンバー2」は

私の性に合ってるじゃん!!ってことに気づきました。

 

 

変な話かもしれないけど、

自分の成功より、旦那さんの成功の方が嬉しいんですよね。

 

彼のビジネスへの姿勢や知識や経験値は本当にすごくて、

もっとたくさんの人に知ってもらいたいって強く思うし。

 

 

決して丸投げでおんぶに抱っこではなく、

「夫婦で協働する」感覚で仕事を展開していきたいです!

(と、本人に話す前にブログに書いてしまったわけですがw)

 

♡お知らせ♡

2017年10月13日 初の著書「OLやめてみませんか?」発売!

【30代からの働き方に悩む全ての女性へ】

満員電車のストレス、やりがいのない仕事、頑張っても上がらないお給料、面倒な人間関係……
限られた収入と週末のために、平日を我慢していませんか?
やる気なし・目標なし・自信なしの元事務職OLが、働き方を模索し辿り着いた「起業のリアル」をお伝えします。

ご購入はこちら


 

 

【「働くっておもしろい!」を叶える♡】国内物販ビジネス体験型ワークショップ

「働くって楽しい!」
「稼ぐっておもしろい!」
「今日も1日があっという間だったな♡」

そんな毎日を、一緒に叶えていきませんか?

参加者全員に、動画「物販ビジネスの概要と継続収入を叶える法則」(約60分)をプレゼントします!

 

詳細・お申し込みはこちら

 

 

未経験者・副業でも初月から稼げる♡国内物販無料メール講座

購読者様全員に動画を無料プレゼント!

【物販ビジネスの収益モデル】
【物販ビジネスの種類】
【転売ビジネスの種類】
【転売ビジネスで継続収入を叶える5つの法則】

ご登録はこちら

 

Related Entry

「脱力」は「諦め」を意味しない

「口下手な人は、劣等生ではない。」

夫婦起業スタイルの幸せ

人生最上級の告白で分かったこと

夫婦で平日ぶらりハワイ旅行♡1日目

杞憂に振り回されがちな私たち