清少納言になりたいと思った瞬間。

先日、「自己発信力」メールレッスンで配信した内容を

一部修正してブログに転載します。

 

* * *

 

この前、芥川賞作家でもある川上未映子さんの

『おめかしの引力』というエッセイを読みました。

 

川上さんの著書は、今回が初めて。

図書館で見つけて、

そのタイトルと表紙のデザインに惹かれて手に取りました。

 

 

感想…

私が好きな文章!

 

 

はあちゅうさん然り、川上さん然り、

日常の切り取り方とその表現力が素敵すぎる!!

 

自分や自分の身の回りに

意識が張り巡らされていないと、

あんな文章書けない…と思う。

 

 

 

 

私、どうやらエッセイが好きらしい!

 

これから、

色んな人のエッセイを読むって決めました。

 

 

 

そして、気づいたことがもうひとつ。

 

私、エッセイを書きたいみたい!

 

 

自己啓発でもなく、

ビジネスノウハウでもなく、

自分が見える世界や感じたことを、

ただただ言葉にして書き残していく。

(というか、すでにブログはそんな感じの記事が多い。)

 

 

エッセイスト。

日本語では随筆家って言うんですね。

(ググってみた。)

 

 

goo辞書によると、随筆とは

自己の見聞・体験・感想などを

筆に任せて自由な形式で書いた文章

だそうです。

 

 

なるほど。

私がこのメルマガでお伝えしてきた

「自己発信力」にも通じますよね!!!

 

 

”エッセイを書く”。

 

私がいつも文章を書くときのイメージにぴったりの表現です。

 

 

 

ブログを書いていると、

「こんなこと書いたところで、誰の役に立つんだろ」

って思う時あるじゃないですか。

 

 

でも、実際にこれだけ本が出版されていて、

それを読んで心が豊かになる人がいるわけだし、

(今の私のように)

「枕草子」や「徒然草」は

時代を越えて教科書に載っちゃってますし!w

 

 

役に立つかどうかなんて、

自分の文章の可能性なんて、

自分で決められるものじゃないから。

 

発信を躊躇する理由にすらならないですよ。

 

 

それに、

自分の日常や気づきが

誰かの生活に彩りを添えてるって思った方が、

なんだか楽しい気持ちになりません?♪

 

 

 

P.S.

ネットを流し読みしたところ、

随筆とエッセイは似てるようで違うもの…らしい!?

気になるので、ちょっと調べてみます。

無料メルマガ配信中♡

在宅で月5万円の副収入を実現!
バイマ無料メール講座

購読者様全員に動画を無料プレゼント!

〜内容〜
2016年開催「物販ビジネススタートアップセミナー」
【バイマの販売の流れ】
【商品リサーチ方法】
【仕入先リサーチ方法】

ご登録はこちら


「地味女(ジミジョ)」の「自己発信力」メールレッスン

購読者様全員に特典を無料プレゼント!

「地味女」におすすめの副業・起業4選

登録はこちら

 

Related Entry

言葉に感情を乗せる

「こんな自分ダメだな」と思うことこそ発信するべき、本当の理由

資料づくりで意識すべき5つのポイント

旅行中も毎日ブログを更新できた理由

「ちゃんとしたブログ」はつまらない

ブログはコンディションを測る場所