「意味づけ」のない文章は、誰の心にも残らない。

そのブログやFacebookの投稿、

「何で書いたの?」と聞かれて意図を即答できますか?

 

 

 

先日のこの記事にも通じる話なんだけど、

そもそもなんで「ブログで1000pvを目指しましょう!」というのが SNS女性起業のひとつのスタンダードになったんだろう…と 昨日、...

 

「投稿しなきゃ」「記事書かなきゃ」という焦りから義務感で書く文章や、

”なんとなく”アップするFacebookの投稿は、

びっくりするくらい意味がないから、やめるべきです。

 

 

 

文章を書くことが目的じゃなく、

伝えることで心を動かし行動を促すことが発信の本質。

 

第三者に公開されているSNSを使うことを選んでいる以上、

発信すべてにおいて「意味づけ」や「理由」は必須です。

 

 

情報発信を初めて間もなかった1年前は、

とにかく文章を書く習慣をつけたくて、認知を広めたくて、

毎日Facebookもブログも数記事投稿をしていました。

”とりあえずやる”精神だったから、

「なぜこの投稿をするのか?」まできちんと考えられてなかったと思う。

 

初期はそれでいいと思うんですよ。

完璧を求めて考えすぎて手が動かないよりは、

まずは量をこなして自分なりの感覚を掴んでいけば。

 

 

でも、1ヶ月も経験を積んだら、

もうそこからは、発信の「意味づけ」を”いちいち”考えるべき。

 

 

大量行動を経て、私も今は戦略的に発信を続けています。

 

・この文章で何を伝えたい?

・この文章の真意は?何のために書いたの?

 

その答えを2〜3個含んだ発信しか、していません。

 


 

例えば、この記事。

自分で書いた文章を自分で解説します(笑)

「成功者は早起きだ」と良く聞くし、 メンタリストのDaiGoさんも以前講演で 「朝の2時間は集中力が高い。」 「決断は午前のう...

 

 

この文章の裏に秘めた「意味づけ」は、大きく分けると2つあるんです。

 

 

①堤ゆかりのライフスタイルの提示

↓ ↓

・思うままに時間を使える働き方を実現できるんだ!と希望を感じて欲しい

・私の価値観に共感する人と繋がりたい

 

②ちょっとした悩みを打ち明ける

↓ ↓

・”普通っぽさ”を感じて欲しい

・等身大で着飾っていない人なんだと知って欲しい

 

 

厳密に言うとあと何個か要素が入っているんだけど、

大筋はこんな感じですね。

 

こう聞くと暑苦しいかもしれないけど、

打ち込む文字に、それだけの思いと情熱を注ぎ込んでいます。

 

 

だから自然と、記事を書くのに時間がかかります。

(今でも、ブログは1記事に1時間はかけてる。)

でも、あえて時短しようとは思っていなくて。

私にとってはすごく”大事な時間”で、短縮する必要がないからです。

 

 

 

投稿数を上げることを目的にした”なんとなく”の文章ほど、

がっかりさせられるものはありません。

そういうの、受け取る側ってけっこう分かりませんか?(笑)

 

 

人のFacebookの投稿とか、実はめちゃめちゃ気になります。

「この記事は何で書いたんだろ?何を伝えたいんだろ?」って、

ひとりであれこれ考えて想像するのが私の癖なんですよね。

 

・いつも体調悪いアピールするけど、何で?w

・誰かのコピペみたいな言葉が並んでて、本心が見えないな…

・文字量は少ないけど、伝えたいことの厚みが感じられて素敵だなー

 

あーだこーだ考えるのが純粋に楽しいし、

自分の発信力を上げるための参考にしています。

 

 

 

 

「意味づけ」や文章の”厚み”が感じられて発信力に長けている方は、

自分の信念をしっかり持っていて、自分の言葉で語っているから、

かっこよくて憧れます!!

 

私もそんな人で在りたい。

 

 

私も、言葉の影響力をもっともっと高めたい。

だから、意味や意図のない適当な文章は、絶対に書かない。

 

無料メルマガ配信中♡

在宅で月5万円の副収入を実現!
バイマ無料メール講座

購読者様全員に動画を無料プレゼント!

〜内容〜
2016年開催「物販ビジネススタートアップセミナー」
【バイマの販売の流れ】
【商品リサーチ方法】
【仕入先リサーチ方法】

ご登録はこちら


「地味女(ジミジョ)」の「自己発信力」メールレッスン

購読者様全員に特典を無料プレゼント!

「地味女」におすすめの副業・起業4選

登録はこちら

 

Related Entry

人を魅了する発信をする人の3つの共通点

言葉に感情を乗せる

適当に言葉を使わない

清少納言になりたいと思った瞬間。

「お役立ち記事」の発信なしで、私が売れた理由

ノウハウ記事に頼らず集客するブログ執筆術①