「個性」を長所と捉えるか、短所と捉えるか。

私はこう、なんていうか、

友達と集まる場でも、率先して喋るタイプじゃない。

ぐいぐい質問するわけでもなく、

感情的になることも少なく、

ほんわかした雰囲気を醸し出していると思います。

 

 

「冷静」「動じない」「つかみどころがない」と言われることもあって、

去年受講した”自分ブランド力プロデュースコース”の同期には、

昨日の同窓会で

「ゆかりさんはまだオープンマインドじゃないからもっと近づきたい」

みたいなことを言われましたw

 

そんな風に映っているんだと知れて、なんだかおもしろかった。

 


コンラッド東京で中華ランチ♡

 

 

会話が進んでいく中で明らかになったのは、

「基本的に人と一定距離を置きたいタイプ」なんだということ。

 

元々人見知りってこともあって、

様子を伺いながら距離を少しずつ縮めていくんですよね。

で、私の中では心を開いている方なんだけど、それが相手に伝わりづらいw

 

でも会社を辞めて独立した今となっては、

ひとりや夫婦ふたりで過ごすだけで”幸せ”が完結する私には

なんとなく付き合う友達なんて要らなくって、

本当に好きな人や仲良くなりたい人としか会わないから、

「会っている=心を開いている」っていうことなんです。

(でもやっぱり、相手に伝わりづらいw)

 

 

私はいつも、少し離れたところから

もうひとりの自分が自分を見ている感覚を持っていて、

自分がいる時空間を俯瞰して見るのが通常スタイルなんです。

 

だから、自分自身とも距離を取っている私が

他人と距離を取ることもごく自然なことであって、

「それが私なんだ!」と腑に落ちてスッキリしました。

 


 

というのも、

クールで感情を前面に出さない自分は”なんて冷淡な人間なんだ”って

ある種のコンプレックスを感じてたんですよね。

 

天真爛漫で感情表現が豊かで、自然と人が集まってくるオーラのある人が

すごく羨ましくて、私もそうなりたいと何度も思いました。

 

でも、私はそうなれないし、そうなる必要もないんだって分かった!

 

 

 

「冷静さ」は、その場の雰囲気に流されず感情に振り回されないということ。

「変わらない穏やかさ」は、安心感や落ち着きを与えるということ。

「適度な距離感」は、人をコントロールしようとしないということ。

 

 

私だからこそつくれる空気感というものがあるし、

そんな私を必要としてくれる人も、きっといる。もうすでに、いる。

 

”ないもの”を得ようともがくんじゃなく、”あるもの”を磨くことにします!♡

 

お知らせ

夫婦共同ブログ『夫婦起業〜仕事も家事もコラボする生き方』更新中!

サイトはこちら

 

 

初の著書『OLやめてみませんか?』発売中!

【30代からの働き方に悩む全ての女性へ】

満員電車のストレス、やりがいのない仕事、頑張っても上がらないお給料、面倒な人間関係……限られた収入と週末のために、平日を我慢していませんか?やる気なし・目標なし・自信なしの元事務職OLが、働き方を模索し辿り着いた「起業のリアル」をお伝えします。

ご購入はこちら