肩書きのない人に、私はなりたい。

はあちゅうさんのTwitterを見て知った「肩書き問題」。

 

※知らない人はこちらを参考にしてください

→exciteニュースの記事

 

「私は自分をこうだと思ってる」の意見に対して

「あなたはそれに値しない」と反論をしてくる人がいるって話で。

Twitterでも様々な意見が飛び交ってました。

 

 

まあ色んな考えがあって当然だと思うけど、

「肩書きなんてどうでも良くない?w」が私の感想です。

 

OLを辞めてからというもの、

肩書きそのものに価値を感じてないんですよね。

 

自分を覚えてもらうためにキャッチフレーズ的な意味合いも込めて

肩書きを名乗っている起業女性もいるけど、

私は今まで1度も考えたことがないし、これからもつけることはない。

 

”職業の総称=肩書き”だとすると、

肩書きをつけることはつまり、

私が興味あることや取り組む仕事は”コレだけです”と

「限定」することになるわけで。

 

私はそれが窮屈に感じて、嫌なんです。

 


 

OLを辞めて個人で仕事を始めた当初から

自分の仕事のジャンルを絞るつもりは全くありませんでした。

 

最初は転売ビジネスの講師を始めたけど、

別のこともやってみたいと思っていたし、

収入の柱を増やすという野望もあったから、

肩書きを持つメリットがなかった。

 

実際に、

ブログライティングのセミナーもやったし、

少しの間だけ起業コンサルをしたこともあるし、

”夫婦起業”というライフスタイルを発信しつつも

文章力に関するメルマガも始めて、

転売とアフィリエイトもやってます。

 

そしてまた半年後には、変わってるんだろうと思う。

 

一言で自己紹介できないところは改善すべきなんだけど

(いつも悩む…w)

私はこの先も、肩書きのない存在で在りたいです。

 

私のどの側面の印象が強いか、それは受け手の自由だけど、

決めつけられたくはないし、私の自己紹介には文句言われたくない。

人の肩書きにも興味がないから、あれこれ思ったりしない。

(「かっこいいなー♡」とミーハー心がうずくときはある(笑))

 

 

ブロガーの定義は?ブログで稼いでたら?いくら稼いでたら?アクセス数が基準?

…そんなの、決まってないですよね。

 

できる仕事がどんどん増えている今の時代に、枠にはめ込むことは不自然。

 

 

 

自分の肩書きや他人の肩書きを気にする時間があったら、

「自分が何をしたいか」を考えた方がよっぽど人生楽しい♡

 

無料メルマガ配信中♡

在宅で月5万円の副収入を実現!
バイマ無料メール講座

購読者様全員に動画を無料プレゼント!

〜内容〜
2016年開催「物販ビジネススタートアップセミナー」
【バイマの販売の流れ】
【商品リサーチ方法】
【仕入先リサーチ方法】

ご登録はこちら


「地味女(ジミジョ)」の「自己発信力」メールレッスン

購読者様全員に特典を無料プレゼント!

「地味女」におすすめの副業・起業4選

登録はこちら

 

Related Entry

誰でも、誰かに影響を与えられる

他人に乱されない強さを、「マイペース」と呼ぶ

不器用さに対する劣等感を、努力でカバーしてきた人生でした

ビールを我慢して発泡酒を買ってしまった結果…

「好き」と「できる」は似てるようで違う

自分の二面性を受け入れることから始めよう