口下手を文章力で克服!私が「思いを伝える力」をつけるまで④


【連載】口下手で八方美人だった私が、「思いを伝える力」をつけるまで

①:私が口下手な理由

②:思いを伝えられない癖は、私に「痛み」を運んできた 

③:思いのアウトプットは、「心のデトックス」だ 

④:STEP1▶︎弱さや毒を誰かに打ち明ける勇気  ←ここ

 

それからというもの、ごく限られた人にだけですが、

でも少しずつ確実に、”自分を出せる”空間ができていきました。

 

転職活動を経て事務職として入社した会社で5年弱も働き続けられたのは、

「自分の思いの言語化能力が上がったから」だと確信しています。

 

来店型の保険代理店に勤めていたので、配属は店舗。

何度か店舗の異動を経験しましたが、毎日顔を合わせるメンバーは

少なくて6名、多くて40名ほど、という環境でした。

 

人間関係のいざこざに巻き込まれたり、

本社と営業スタッフの板挟みになってストレスが溜まったり、

店舗に貢献してもお給料は上がらないのに

一度ミスすればひどく怒られる評価体制にうんざりしたり、

多かれ少なかれストレスや不満はありました。

 

今までの私だったら、我慢して、溜め込んでいたと思います。

 

でも、アウトプットして心をデトックスすることを覚えた私は、

旦那さんにちょっと仕事の愚痴をこぼしてみたり、

店舗で信頼できる営業スタッフの上司に相談したり、

飲みに連れて行ってもらって、いっぱい笑ってストレス発散したり、

そういったことができるようになったんです!

 

思いを伝えることでガソリンを補充して、走り続けられた。

 

 

弱い自分を見せたら、迷惑がられるかもしれない。嫌われるかもしれない。

私は今までそう思っていたけど、

勇気を出して自分の素直な気持ちを打ち明けたら、

むしろ私のことを慕ってくれる人が増えたし、私の味方になってくれました。

 

 

ストレスを溜め込み過ぎずガス抜きできる誰かの存在こそが、

自分を強くしてくれるのだと知りました。

 


 

それからもうひとつ。

 

自分の意見を持ち、周りに流されることなく伝えられる意志の強さが

「生きる力」なのだと、私は経験をもって学びました。

 

▶︎つづきはこちら

 

お知らせ

夫婦共同ブログ『夫婦起業〜仕事も家事もコラボする生き方』更新中!

サイトはこちら

 

 

初の著書『OLやめてみませんか?』発売中!

【30代からの働き方に悩む全ての女性へ】

満員電車のストレス、やりがいのない仕事、頑張っても上がらないお給料、面倒な人間関係……限られた収入と週末のために、平日を我慢していませんか?やる気なし・目標なし・自信なしの元事務職OLが、働き方を模索し辿り着いた「起業のリアル」をお伝えします。

ご購入はこちら