ノウハウ記事に頼らず集客するブログ執筆術②

▶︎前半の記事はこちら

私がブログを開設したのは、2015年11月。(当時はアメブロでした。) 会社のお給料以外に収入を得る方法として 転売ビジネス(バイマ...

 

等身大の飾らない自分を見せる

 

旦那さんと食事に行った話だったり、趣味の話をしたり。

自分のビジネスと関係のないことも、”あえて”私は書いています。

 

それから、ついつい自分の良いところばかり見せたくなるけど、

悩んでいる自分やネガティブな自分も、”あえて”私は書いています。

 

なぜかというと、「人間性」が滲み出るから。

 

情報や知識の羅列だけだと無機質だし、

成功体験やポジティブ投稿ばかりだと現実味がなくて遠く感じて、

”その人の商品やサービスを買う動機づけ”が難しくなります。

 

特に女性は、「誰から買うか」「誰から学ぶか」を重視するので、

女性がお客様であれば、人間性やキャラクターが

選ばれるキーポイントのひとつになります。

だからむしろ、自己開示は必須!

 

ちなみに私は、親近感や暖かさ、誠実さを感じてもらえるようなブログを

目指しています。

 

 

日記ブログ・趣味ブログにしない

 

今お伝えしたポイントと真逆のことに聞こえるかもしれませんが、

例えば、”今日の出来事”や”小学生の絵日記のような感想”といった

記事だけが更新される日記ブログでは、「プロっぽさ」が出ません。

 

どんな商品にしろ、私たちはお金をいただいてサービスを提供するプロです。

日常を見せるような軽めの箸休め的な記事も書いてOK。

でも、”内容の濃い記事”もバランス良く書きましょう。

 

▶︎日記ブログ・趣味ブログ=出来事の報告・感想のみ

(例:セミナーに行きました。楽しかったです。)

 

▶︎ビジネスブログ=「出来事+それに対する教訓・考察・主張」

(例:セミナーに行きました。一番の学びは◯◯で、その理由は◯◯で、◯◯に活かそうと決意しました。)

 


 

具体例→抽象化

 

ビジネスブログの定義の捕捉にもなりますが、

私は、自分が感じたことや学んだことを書くときには、

”自分以外の人(読者)”や”他の場面”に応用できる内容に置き換えられるよう

「抽象化」を心がけています。

 

なんともプロセスを言葉で説明するのが難しいのですが…

 

「あっ、これ私のこと言ってる!」とドキッとさせたり、

「私のビジネスや私生活でも役立つヒントになった♡」と得した気分になったり、

読んだ方に「おみやげ」を持って帰ってもらえるような書き方が私の理想です。

 

 

まとめ

発信は、読者の方との「信頼の積み重ね」。

常に読み手がいる前提で、見た目・内容両方に意識を高めて執筆する。

 

ノウハウ記事・自己開示記事・ラフな箸休め記事のバランスを取って、

自分のキャラクターを知ってもらい、かつ読者のプラスになるブログを育てましょう♡

 


 

無料メルマガ配信中♡

在宅で月5万円の副収入を実現!
バイマ無料メール講座

購読者様全員に動画を無料プレゼント!

〜内容〜
2016年開催「物販ビジネススタートアップセミナー」
【バイマの販売の流れ】
【商品リサーチ方法】
【仕入先リサーチ方法】

ご登録はこちら


「地味女(ジミジョ)」の「自己発信力」メールレッスン

購読者様全員に特典を無料プレゼント!

「地味女」におすすめの副業・起業4選

登録はこちら

 

Related Entry

「お役立ち記事」の発信なしで、私が売れた理由

清少納言になりたいと思った瞬間。

適当に言葉を使わない

読みやすいブログ記事の書き方③

資料づくりで意識すべき5つのポイント

一発屋にならない方法