専業主婦を夢見た事務職OLが、夫婦で起業した話④

 

今の旦那さんと出会ったのは、

私が心の病を患って休職をするタイミングでした。

 

知り合ってまだ間もなかったその距離感も、良かったのかもしれません。

とにかく彼には、仕事で悩んでいることを素直に話せたんです。

出会ったときからずっと変わらない優しさと誠実さに、安心してたんだと思う。

 

彼も偶然、最初に入社した人気業界の会社が超激務で、

しんどい思いをした経験があったから、

私の気持ちに寄り添って話を聞いてくれました。

 

そうして、付き合い始めるようになって、

これからのことも相談して、退職の決断も受け止めてくれました。

 

 

 

 

退職後しばらくはのんびり過ごしていたものの、

さすがに親も心配になって「そろそろ転職活動したら?」と私に声をかけます。

 

でも、そう簡単に前向きになれません。

 

働きたくない。

辛い思いはもうしたくない。

自分で自分の生き方を切り開こうとする向上心は、ありませんでした。

 

私は次第に、彼に依存するようになります。

 


 

「結婚して、養ってもらえばいい」

「パートでもしながら、ゆっくり次のことを考えればいい」

 

結婚を見据えて付き合い始めたから

彼と結婚できたらいいな、とは本気で思っていたけど、

内助の功で彼を支えたいとか、家事が得意だから完璧にこなしたいとか、

いわゆる専業主婦の適性は持ち合わせていなくてw

 

本音は、結婚することで「主婦」という肩書きや居場所が

手に入る安心感に逃げたくて仕方がなかった。

 

 

彼に思い切って打ち明けました。

このままもう就職はせず、ゆくゆくは結婚してパートでもしたい、と。

 

 

だけど、彼の答えはNO

 

「結婚するとなると両親の目もあるし、ちゃんと働いていた方がいいんじゃないかな。」

「働けるうちに働いておいた方がいいと思う。」

 

そう言われて、あまりに正論すぎて、私は何も言い返せなかった。

結婚したいから、ご両親に心配されたくなかった。

 

だから、専業主婦に逃げる道を諦めました。

(当時はまだまだ未練があったけどw)

 

 

彼に後押しされる形で、2度目の転職活動の始まり。

またリクルートスーツを引っ張り出しました。

 

 

専業主婦を夢見た事務職OLが、夫婦で起業した話⑤