「やってあげてる」はナイフのような言葉だ

会社員時代から、料理は旦那さんと分担制。

割合でいうと半々くらいで交代で食事の準備をしているのですが、

最近は、彼が仕事で忙しそうなので、私が率先して毎日料理をしています。

 

旦那さんに頼まれたわけでもなく、自主的に、です。

 

 

 

でも、今日昼食を準備するときにちょっと不機嫌になってしまって。

 

彼の仕事の進捗に合わせて料理しなきゃいけないというプチストレスと

(基本的に自分のペースで動きたいので)

「なんで私がご飯作るのが当たり前、みたいな空気になってるの?」

という、どっからともなくやってきた不満のせい。

 

 

 

「私はこんなにやってあげてるのに…」

という拗ねた気持ちが、イラつきに変わってしまったんです。

 

 

 

でも、自分で良かれと思って勝手にやり始めたことであって、

誰に強いられたわけでもないんですよね。

 

だから、イラついてしまう状況も、自分で勝手に作り上げてるだけのこと。

 

 

やりたくないなら「手伝って」とお願いすればいいだけなんですよね。

相手は何とも思ってなくて、すんなり手伝ってくれるかもしれないし。

 

それを、自分の気持ちを言わずに勝手に背負い込んで我慢するなんて。

とんだ”ひとり相撲”だなーと、自分に絶望してますw

 

 

 

だいたい、尽くしてるアピールとか頑張ってるアピールって

「褒められたい」「認められたい」っていうエゴでしかないのかも。

 

居場所や地位を確立するために他人に期待して、

周りを勝手に巻き込んでいる、というか。

思い通りにならないと、不満や不安を他人のせいにしたりして。

 

 

 

でも、それって、心がすさむ。

なんだか寂しい。

 

 

そんな気持ちになるために、

人とつながってるんじゃないですよね。

 

 

「こんなにやってあげてるのに」

「これだけ教えてあげてるのに」

「こんなに我慢してあげてるのに」

「これだけ頑張ってるのに」

 

その先に続くのは、ネガティブな言葉しかない。

 

 

「やってあげてるのに」が頭に浮かんでしまったら、

自分で自分をいじめてること確定ですね。

 

気をつけよう。

♡お知らせ♡

2017年10月13日 初の著書「OLやめてみませんか?」発売!

【30代からの働き方に悩む全ての女性へ】

満員電車のストレス、やりがいのない仕事、頑張っても上がらないお給料、面倒な人間関係……
限られた収入と週末のために、平日を我慢していませんか?
やる気なし・目標なし・自信なしの元事務職OLが、働き方を模索し辿り着いた「起業のリアル」をお伝えします。

ご購入はこちら


 

 

【「働くっておもしろい!」を叶える♡】国内物販ビジネス体験型ワークショップ

「働くって楽しい!」
「稼ぐっておもしろい!」
「今日も1日があっという間だったな♡」

そんな毎日を、一緒に叶えていきませんか?

参加者全員に、動画「物販ビジネスの概要と継続収入を叶える法則」(約60分)をプレゼントします!

 

詳細・お申し込みはこちら

 

 

未経験者・副業でも初月から稼げる♡国内物販無料メール講座

購読者様全員に動画を無料プレゼント!

【物販ビジネスの収益モデル】
【物販ビジネスの種類】
【転売ビジネスの種類】
【転売ビジネスで継続収入を叶える5つの法則】

ご登録はこちら

 

Related Entry

「体験」の先に「変化」がある。

7回目の誕生日

平日に夫婦ふたりで一緒にごはんを食べられる毎日

NO IMAGE

今日は夫婦で物販セミナー

Amazonセミナーに行ってみた

平日午後に、夫婦でゲーセンに遊びに行ってきた♡