自分の二面性を受け入れることから始めよう

ふわっとしている見た目だからか、

ビールが好きだと言うと、初めて会う人にはだいたい驚かれます。

「カシオレ飲んでそう!」と言われるけど、

私の中では、カシオレは甘くておいしいジュース、ですw

 

 

 

先日登壇したセミナーの参加者さんも

ブログにこんな風に書いてくださっていて

▶︎「発信力は無敵なのだ」

 

そのちょっとしたギャップに「親近感」を感じてもらえるみたいだし、

「ふわっと」「ゆるい」と言われるのは

やっぱり素直に嬉しいな〜って思いました。

 

 

でもね、今までは実は「ゆるふわタイプ」に見られるのが嫌だったんです。

 

「努力から逃げてる甘い奴」「ご都合主義」だと思われたくなかった。

「ゆるさって頑張らなくていい常套手段じゃん」って、そう思ってました。

 

 

だから、”ゆるふわ系”の人たちの発信がすごく目についた。

イラッとしたし、自分に甘いなって見下してたし、

私はそうなりたくないって対抗心がバチバチ。(ひとりで勝手にね)

 

 

それで、去年の夏頃かな、

外見もカッコイイ感じにシフトしようと目論んだこともあったし、

Facebookやブログに書くことも

「強さ」や「真面目さ」や「ストイックさ」を押し出していたし、

実際の仕事の取り組み方もそんな感じでした。

 

 

 

・せかせか毎日予定が詰まって忙しい毎日は嫌なところ

・旅行中のスケジュールを決めるのがめんどうくさくて苦手なところ

・わりとぼーっとしてるところ

・喋るのがゆっくりなところ

 

ゆるーいのも、私の本当の姿。

 

 

・やるって決めたら目標に向かって突き進むところ

・計画的に余裕を持って取り組むところ

・目的意識と根性で継続できるところ

 

ストイックなのも、私の本当の姿。

 

 

 

どっちの要素も持ってるんですよね。

 

 

でも、私の頭の中の公式は「ゆるふわ」=「逃げ」「甘え」で、

そんな自分だと認められないと思っていたし

そんなんじゃ結果は出せないと思っていたから、

ある意味、ゆるふわ部分を封印しようとしていたのかもしれません。

 

 

 

先日書いたこの記事にも通じるところがあるんだけど、

彼と同棲を始めた当初から今も変わらず、 料理は代わりばんこで作っています。 私が当時土日に出勤することも多かったから ...

「ストイックな自分じゃなきゃいけない」気持ちがどんどん強くなって、

そのせいで「本当は自分はどうしたいのか」が見えなくなっていたんだなー。

 

 

「ふわっと」「ゆるい」と言われて嬉しかったのも、

”ゆるふわ系”に反発心を持っていたのも、

本当はゆるーい自分の方が好きだからなの、かも。

 

 

実際、最近のマイテーマは「脱力」で、

色んなものを緩めた生活を送ってます。

(どんな1日を過ごしているかは、また別記事に書きますね。)

 

 

脱力している自分にそわそわして、「やらなきゃ」の衝動と闘ってますw

 

自分がどうしたいのか、自分は何が好きなのか、自分を探求する日々です。

無料メルマガ配信中♡

在宅で月5万円の副収入を実現!
バイマ無料メール講座

購読者様全員に動画を無料プレゼント!

〜内容〜
2016年開催「物販ビジネススタートアップセミナー」
【バイマの販売の流れ】
【商品リサーチ方法】
【仕入先リサーチ方法】

ご登録はこちら


「地味女(ジミジョ)」の「自己発信力」メールレッスン

購読者様全員に特典を無料プレゼント!

「地味女」におすすめの副業・起業4選

登録はこちら

 

Related Entry

仕事をする上での責任と覚悟を忘れない

変化への反発を乗り越える

「地味女(ジミジョ)」という生き方。

人に合わせることが正しいと思ってた

私にとっての栄養ドリンク的な存在。

年末の誓い