「共通語」が「お客様に選ばれ続けるオンリーワンビジネス」をつくる【セミナー参加レポ】

昨日は久しぶりにセミナーへ。

 

ソロプレナ起業塾を主宰されている起業コンサルタント鈴木実歩さん

「カリブ海クルーズから学んだ感動体験と

圧倒的リピート率をつくる7つのビジネスヒント」セミナーに参加しました!

 

 

クルージングってセレブが豪遊する場だと思っていたし、

船酔いする(笑)私からするとめちゃめちゃ縁遠い話で、

正直「行ってみたい」と思ったことがなかったから

全然ピンと来なかったんですよね。

 

 

でも、1年前に起業塾で学ばせていただいて

独立後のビジネスモデルの土台を作ってくださった

実歩さんのお話を伺いたいと思って、

ただその気持ちだけで勢いのまま参加しましたw

 


 

でね、もうほんっとにビックリしましたよ!

 

クルージングの旅話かと思いきや、

「お客様に選ばれ続けるオンリーワンビジネス」のポイントを

ミニワークつきで7つもお話してくださったんです!!

 

 

女性をターゲットにしたビジネスをしている人(したい人)は

全員聞くべき、超濃厚なシェアでしたよ。

 

 

※2/25にも同セミナーが開催されるそう。

残席わずかみたいなので、気になる方は即申し込みをおすすめします!

▶︎セミナー詳細はこちら

 

 

 

 

7つのポイントのうち、

私が特に印象に残ったことを今回はシェアしますね。

 

 

共通言語で世界観を共有し、コミュニティの結束を高める

 

コミュニティの結束力を高める要素として挙げられるのは

「ロゴ」「旗」「共通通貨」なんだそう。

(分かりやすい例で言うと、”日本国家”もそうですよね。

「日の丸マーク」「国旗」「日本円」で、日本人という意識が根付いています。)

 

これを、個人ビジネスで取り入れるとすると、

「ロゴ」と「専門用語」を活用するのがおすすめだと仰っていました。

 

ロゴは少しハードルが高くコストもかかる場合もあるので

大規模なコミュニティや塾を発足するレベルで採用すればOK。

 

ただ、「言葉」は誰でも今すぐに活用できますよね。

自分のサービスや価値観のコンセプトを独自の言葉で表し、

その言葉を浸透させるために定義を発信し続けるんです。

 

 

例えば実歩さんは、

「ひとり」という意味の「ソロ」と「起業家」という意味の「アントプレナー」を

掛け合わせた「ソロプレナ」という造語を用いて、

女性起業家を増やす活動をされています。

 

 

そうしてその言葉が認知され他の人も使うようになると、

共通言語として思いが共有され、

思いに共感する人たちが集まるひとつの世界が生まれて、

内部の結束力と外部への影響力が雪だるま式に大きくなっていくんですね。

 

確かに、思い浮かべてみると

売れている起業家さんやパワーブロガーは

”独特の言葉”を使って発信し続けていますよね。

 

私が大好きな嵐でも、ファン独特の言い回しやネーミングがあるなー。

ちょっと古いかもしれないけど、AKBの「神7」も共通言語だし。

 

 

 

言葉をいかに駆使するかが、とっても大事。

自分のビジネスや在り方のコンセプトを言語化して、短い言葉で言い表す。

そして、その言葉を何度も何度も発信し続ける。

 

それが、唯一無二の世界観となり、人を惹きつける輝きになる。

 

 

 

私も、サービス内容や今後の方向性を考えるときは

常に「言葉づくり」を意識します!

 

 

 

お知らせ

Twitter更新中!

元事務OL→夫婦で独立3年目。ふたりで週5在宅生活を満喫中の私が、

『内向型を強みにする』を読んで救われた経験を元に、

内向性を活かす生き方や夫婦関係をつぶやいています!

Twitterを見る

 

 

夫婦共同ブログ『夫婦起業〜仕事も家事もコラボする生き方』更新中!

私たちの働き方や福岡移住計画について、夫婦でブログを書いています!

ブログを読む