「ダメ女」な自分を認めよう

彼と同棲を始めた当初から今も変わらず、

料理は代わりばんこで作っています。

 

私が当時土日に出勤することも多かったから

週末は旦那さんがごはんを用意してくれて、

で、その流れが今もいい感じに(笑)続いてるんですね。

 

それで、なんかふと

付き合っていた当時のことを思い出したんです。

 

私は実家暮らしで、彼が一人暮らしだったので、

週末に彼の家によく行っていて

家でごはんを食べることも多かったんだけど、

私、付き合ってた頃に一度もごはんを作ってあげたことがないんです(!)

 

料理の経験がほとんどなくって

…つまり、苦手というか、ムリでしたw

手料理を振舞おうと練習すらしなかったw

 

 

だから、いつも彼が作ってくれて

私はお腹を空かせながらテレビ観てゴロゴロしてました。

 

そればかりか、彼が部屋を掃除してるときには

眠くなって一人で昼寝してたし、

もうほんっと、やりたい放題で(笑)

 

「結婚したら、ごはん作ってくれるの楽しみにしてるね」

でも彼はそう言って、愛想を尽かせることもなく

私と一緒にいてくれました。

 

 

それこそ、初デートはかわい子ぶってディタグレープフルーツを頼んだけども、

3回目のデートではすでに「とりあえず生ビールで」って頼んでたし、

友達と飲んでる時に飲みすぎて潰れてしまった私を

電車がもうない時間なのにタクシー使って迎えに来てくれて

朝まで介抱してくれたりして…(お恥ずかしい)

 

可憐さも甲斐甲斐しさもなく

「ダメ女」で迷惑もかけてきたのに、

それでも私と一緒にいてくれました。

(飲み過ぎに関しては怒られたけどねw)

 

 

「よく結婚できたな〜」と今さらながら思う(笑)

 

 

 

そんな感じで「自分のダメなところ」を色々挙げていったら、

「バカにされたくない」「嫌われたくない」気持ちがまだ根強くて、

発信においても、自分をよく見せようとしてることに気づきました。

 

 

ブログを書き始めてから1年弱が経って、

だいぶ等身大で書けるようになったと思ってたけど、

まだまだみたい。

 

 

 

それと、もうひとつ分かったこと。

 

 

今こうしてひとつ吐き出してみて

「自分ってダメなところもあるな〜」

「こんな女ってヤバくない?(笑)」

って笑ってみたら、気持ちが楽になりました。

 

それから、ダメな部分や面倒くさい性格も込みで

包み込んでくれている旦那さんの愛情も改めて感じた。

 


 

自分と素直に向き合う。

ダメな自分も受け止めてあげる。

 

そうすると、

「灯台下暗し」な”大切なもの”に気づけるんですね。

 

 

新たな発見で、ドキドキしています。

 

お知らせ

夫婦共同ブログ『夫婦起業〜仕事も家事もコラボする生き方』更新中!

サイトはこちら

 

 

初の著書『OLやめてみませんか?』発売中!

【30代からの働き方に悩む全ての女性へ】

満員電車のストレス、やりがいのない仕事、頑張っても上がらないお給料、面倒な人間関係……限られた収入と週末のために、平日を我慢していませんか?やる気なし・目標なし・自信なしの元事務職OLが、働き方を模索し辿り着いた「起業のリアル」をお伝えします。

ご購入はこちら