ホリエモンに学ぶ【SNS発信の本質】

昨日は、「ホリエモン祭」に遊びに行ってきました!

▶︎ホリエモン祭公式HP:http://fes.horiemon.com/

 

私が最近気になっている西野亮廣さんが出演することを知って

トークライブを聞きに行きました。

 

業界ごとの著名人とホリエモンが

代わる代わるに話すこと累計4時間!

 

予防医学とか政治とか、

普段だったら自ら聞きに行かない話も聞いたんだけど、

歯に衣着せぬやりとりも含めて純粋に楽しかったです。

 

 

 

今回は、私が特に印象に残った言葉を、

「発信」の観点をベースに書いていきます。

 

 

『素直に自分のことを言える人はいない』(堀江貴文さん)

 

元光GENJIの諸星和己さんとのトークの中の言葉。

 

SNSを特に使っていない諸星さんに、

その破天荒さと自分のぶっちゃけた意見をネットで発信すれば

メディアが勝手に「ご意見番」と認識してくれるよ、と仰っていました。

(ちなみに、諸星さんのトーク、めっちゃ面白かったですw)

 

 

芸能人で何人かいわゆる「ご意見番」と言われて

何かあるとメディアにコメントを求められる方がいるけど、

その基準は必ずしも「スゴい発言をする人」ではなくって

「思ったことを素直に言える人」なんだ、とハッとしました。

 

 

”毒舌”と言われるマツコデラックスさんや有吉弘行さんが人気なのは、

「自分は言えないことを言ってくれる代弁者」だから

見ていて気持ちがいいのかもしれないですね。

 

 

 

思ったことをそのまま言ってしまうから、

サンジャポ以外はテレビ番組のコメンテーターとして呼ばれないと

堀江さんは笑いながら言ってましたが(笑)

今は発信媒体はテレビや新聞だけじゃないですからね。

 

ネットの力を使わない手はありません。

 

 

有名になりたい・メディアに出たい・影響力をつけたい、という人は

芸や外見を磨くよりも、キャラをつくるよりも、

本音を自分の言葉で言えちゃう発言力を養ったほうが

手取り早いのかもしれません。

 

とにかく何にでも噛み付いて批判コメントをするように

破天荒になることではなくって、

「自分の意見とそれを第三者に伝える勇気」

持ち合わせている、ということ。

 

 

 

「思っていても発言できない人」が大多数で

でも匿名でSNSにあれこれ書きまくる人もたくさんいて、

なんだか不思議な世の中。

 

全てをひけらかす必要はないけど、

表裏が少ない方が人として健全だわ。

 

昨日この目で見たホリエモンは、

壇上で喋るときも

入場待ちの時にたまたますれ違って挨拶してくださったときも

メディアの取材を受けているときも

常にフラットで自然体でそのまま、という印象でした。

 

 

 

『自分がテレビに出るより、発信を取り上げてもらった方がいい』(堀江貴文さん)

 

自分でテレビ番組に出ても、拘束時間が長いのにオンエアでは出演が数分、

ということもあるそう。

 

でも、例えば自分のSNSでの発言が

ワイドショーやバラエティーで取り上げられると、

それだけで30分とか自分のことを話してくれるから

そっちの方が断然いい、と仰っていました。

 

だから、テレビに実際出演することは少ないのに

「よくテレビ出てますね〜」と言われるそうで、

西野亮廣さんも大きく頷いていました。

 

まさに、「SNSの拡散力の威力」ですね。

 

 

 

『期待するほど見てくれてはいないけど、がっかりするほど見てくれてないわけでもない』(幻冬舎社長 見城徹さん)

 

私的ナンバーワンヒットが、こちらの言葉です。

 

755(堀江さんらが共同開発したトークアプリ)の話になって、堀江さんが

「見城さんや秋元康さんは、面白いと思った人にはすぐアクションしますよね」と

仰っていて、その流れでの発言でした。

 

例え一般人であろうと、発信が面白ければ、見ている人は見ている、と。

 

 

私には、発信する者への応援メッセージに聞こえて、

グッと来たんですよね。

 

 

最近、自分の発信が中途半端な気がしていて

消化不良だったんだけど、

中途半端がいちばんダメだ!!と痛感しました。

 

 

読まれていない前提で批判を恐れず書けばいいけど、

読んでくれる人・目を留めてくれる人に向けて

言葉に熱量を乗っけないことには、

誰にも伝わらない文章になってしまいます。

 

それでは、いくら量を書き続けてもまったくプラスにならないわけで、

(むしろマイナスに転じる可能性すらある)

 

発信に心を込めようと、私も今一度覚悟を決めました。

 

 

 

 

 

結論:発信は「生きる力」である。

 

昨日お話を伺った皆さんは、

例外なく意志と意見を持っていらっしゃいました。

 

 

発信も、自分の人生を創造するひとつの手段です。

 

会社員であろうと主婦であろうと起業してようと、

自分の意志と意見なしには

本当に望む生き方は実現できません。

 

 

 

本音を隠して周りに合わせて、

目立たないように傷つかないように人生を生きる?

 

それとも

考え、既成概念を疑い、情報を精査し、決断し、

自分の道を切り開く人生を生きる?

 

 

 

私は、社会を変えたいというモチベーションもありません。

芸能人になりたいわけでもありません。

 

でも、ベルトコンベアに乗せられるように

ただただ流される人生は嫌だから、

自己対話と発信を起点に、私は私の人生を歩いていきたい。

 

だから、自己内省やライティングの質を上げる努力を覚悟しました。

 

無料メルマガ配信中♡

在宅で月5万円の副収入を実現!
バイマ無料メール講座

購読者様全員に動画を無料プレゼント!

〜内容〜
2016年開催「物販ビジネススタートアップセミナー」
【バイマの販売の流れ】
【商品リサーチ方法】
【仕入先リサーチ方法】

ご登録はこちら


「地味女(ジミジョ)」の「自己発信力」メールレッスン

購読者様全員に特典を無料プレゼント!

「地味女」におすすめの副業・起業4選

登録はこちら

 

Related Entry

パワートラベラーの阪口ユウキさん・麻丘亜希さんご夫妻からの学...

【参加レポ④】片野里美さん「超本質的SNSセミナー」〜欲しく...

【参加レポ③】片野里美さん「超本質的SNSセミナー」〜集客せ...

見るものを虜にする「中毒ブログ」を書く方法〜参加レポ【南城久...

「共通語」が「お客様に選ばれ続けるオンリーワンビジネス」をつ...

【参加レポ①】片野里美さん「超本質的SNSセミナー」〜参加し...