私が発信し続ける理由

「誰に読んでほしいのかを思い浮かべて、

単語や語尾を見直してみてください。」

 

今年いよいよ本を出すのですが、

先日の打ち合わせで

出版社の担当の方にそう言われて

改めて考えてみました。

 

 

 

今回の本も、Facebookやブログの投稿も

すべて【過去のワタシ】に宛てた

「応援メッセージ」です。

 

 

・日々の生活が消化不良
・このままじゃいけない気がしている
・自分はこんなもんじゃないはず
・このまま私の人生終わらせたくない!
・でも自信があるわけでもない
・ついつい人と比較して落ち込んじゃうし
・やりがいや刺激が欲しい
・でも、何をどうしたらいいか分からない
・何がしたいのかも分からない

 

 

危機感や欠乏感を感じながらも、

その感情の昇華の方法や

具体的な選択肢や行動を知らないワタシに

ヒントを投げかけ続けています。

 

 

 

 

・副業の始め方
・言語化の重要性
・努力と継続の大切さ
・夫婦で協働する夫婦起業スタイル
・理想のマイペース生活

 

 

発信している内容は

一見するとバラバラだけど、

私が伝えたいことは同じです。

 

 

「自分を変えられるのは自分だけ。

自己対話と挑戦を続け、諦めずに進もう。」

 

 

 

現在進行形の私の成長が

過去のワタシと同じ”誰かの”勇気になれば。

 

 

そう思っています。