自分の常識を疑うことから始める

なんで、電車でぎゅうぎゅう詰めにされて

会社に行かないと行けないんだろ?

 

なんで、台風で電車が止まってるのに

何時間もかけて出勤しないといけないんだろ?

 

 

そりゃあ、辛くてストレス溜まるって。

この慣習、一体誰にとってプラスなの?

 

 

みんな下向いてしかめっ面して

重たーい空気が漂う電車が、私はキライです。

 

 

 

満員電車に乗るのが当たり前。

満員電車に乗らないのが当たり前。

 

仕事はしんどいのが当たり前。

仕事は楽しいのが当たり前。

 

 

 

自分にとっての常識は、

誰かにとっての非常識です。

 

 

重要なのは、

何が正しいかじゃなくて【何を選びたいか】。

 

 

過去の私が思ってた非常識な世界は、

今の私の当たり前になりました。

 

 

 

不満があるなら、

挑戦する人たちを

批判してる場合じゃない。

 

 

自分の常識を塗り替えたいなら、

不安を壁を乗り越えて、

その足でえいやっと飛び込んでみよう。

無料メルマガ配信中♡

在宅で月5万円の副収入を実現!
バイマ無料メール講座

購読者様全員に動画を無料プレゼント!

〜内容〜
2016年開催「物販ビジネススタートアップセミナー」
【バイマの販売の流れ】
【商品リサーチ方法】
【仕入先リサーチ方法】

ご登録はこちら


「地味女(ジミジョ)」の「自己発信力」メールレッスン

購読者様全員に特典を無料プレゼント!

「地味女」におすすめの副業・起業4選

登録はこちら

 

Related Entry

外見への配慮は自分への配慮でもある

自分に”あるもの”を、とことん磨く

強制力は、モヤモヤ解消の特効薬

「空気を読み我を抑えることが大人として当然の対応だ」と思っ...

成功を邪魔しているのは、「悲観的前提」だった。

本当にやるべきことには迷わない