おすすめ本:『マチネの終わりに』平野啓一郎さん

こちらの本、良かったです!

去年アメトーークの読書芸人で紹介されていて

気になって買ってみました。(ミーハーw)

 

 

マチネの終わりに [ 平野啓一郎 ]



 


ギタリストとジャーナリストの
恋愛ストーリーなんだけど、

”恋愛”の枠に収まらない余韻が感じられました。

 

 

「未来が過去を変える」

 

物語のキーになるフレーズを、

読了した今も咀嚼しています。

 

 

「あの時、何でこうできなかったんだろ…」

 

過去への未練を誰もが一度は感じたことがあるからこそ、

この本の解釈も十人十色なんだろうな。