動じない強い心を養う方法

メルマガで反響のあった内容を転載してご紹介します。

 

 

 

「物事に動じない」
「冷静」

と言われることがあるんですが、

何でなのか考えてみたら

 

その理由は

「行動の価値を信じられるようになったから」

だなと思いました。

 

 

元々心配性なんですよ。

そして今も。

 

時間厳守の予定があって

電車が遅延したらどうしよう…と心配で

早めに着く電車を調べておきながら

そのさらに1本早い電車に乗りますからねw

 

 

でも、感情の浮き沈みの波が緩やかだから

ある程度のことは騒がず慌てず

どんと構えていられるようになりました。

 

 

 

私、”焦ってる自分”がすっごく嫌なんです。

だから、

自分が影響を与えられる範囲や

自分次第でコントロール可能な部分に関しては

できる限りの努力や工夫をする。

 

 

それで、自分の力が及ばない部分は

きっぱりと切り離す。委ねる。

 

 

電車の例で言ったら

待ち合わせに遅れないように

早めの電車に乗る工夫はするけど、

人身事故が起きるかどうかは

自分では防ぎようがないから

もし起きたらその時に考えるしかないよね

と、割り切る。

 

 

 

心配性と言えど、

「もし遅れたらどうしよう〜」と

家の中を右往左往しながら

電車の遅延の可能性に

常に震えてるわけじゃないんですよね。

 

 

「やれることはやろうよ」精神です。

 

 

自分自身で調整・改善・工夫できることは

思っている以上にたくさんあるから、

シミュレーションしすぎて

起きてもいないことに不安になったり

コントロールできない部分まで心配するのは

時間と労力の無駄だと思ってます。

 

 

 

「自分が動くことでしか現実は変わらない」

私がそう思えるようになった

ターニングポイントは

副業の経験です。

 

 

誰に強制されたことでもなく

自らの意思でひとりっきりで始めた副業。

 

・ひとりで全責任を負う

・自分が動かなければ何も進まない

・行動がダイレクトに結果(売上)に結びつく

 

 

売上は営業さんが上げてくれて

ちょっとサボっても一定のお給料をもらえて

トラブルは上司がフォローしてくれる…

 

そんな環境にいたフツー事務職OLの私には

あまりに厳しい状況だったし

最初は戸惑い落ち込むばかりでした。

 

 

でも、意思決定と行動の結果が

目に見える形(数字)で分かって、

お客様にも喜んでいただけて

売上として自分に還元されて、

やりがいと楽しさを感じるようになってきて。

 

 

「自分次第でどうとでもできるんだな」
「やるっきゃない」

とマインド改革が起きたんですよね。

 

自力がついて、主体性が養われました。

 

 

だから、ある程度のことに動じなくなったのは

自分を信じている、というよりも

「行動の価値を信じているから」ですね、私の場合。

 

 

行動は裏切らないことを身を以て体感したから

自分でコントロールできる範囲は

まずは、どうにかしてみる。

しかも、ただがむしゃらに動くんじゃなくて

正しいベクトルで相応する量を。

 

 

書きながらふと浮かんだけど、

私の信念のニュアンスは

「人事を尽くして天命を待つ」に近いです。

 

 

動じない心は

誰かが与えてくれるわけでもなく

瞬時に身につくわけでもなく、

自分の行動とそれに伴うマインド改革からしか得られない。

 

でも、誰でも持てるものです。

私がそうなったように。

 

 

▶︎メルマガ毎日配信中!

登録はこちらから

お知らせ

夫婦共同ブログ『夫婦起業〜仕事も家事もコラボする生き方』更新中!

サイトはこちら

 

 

初の著書『OLやめてみませんか?』発売中!

【30代からの働き方に悩む全ての女性へ】

満員電車のストレス、やりがいのない仕事、頑張っても上がらないお給料、面倒な人間関係……限られた収入と週末のために、平日を我慢していませんか?やる気なし・目標なし・自信なしの元事務職OLが、働き方を模索し辿り着いた「起業のリアル」をお伝えします。

ご購入はこちら