「誰よりもやり込んでる」と言えないのは、余力がある証拠

だいぶ前に放送していた

NHKの「グっと!スポーツ」の録画を見ました。

(相葉ちゃんがMCだから録画してるのw)

 

 

毎回アスリートが登場して

競技のことやプライベートのことを話す番組なんだけど、

最近見たのがビリヤードの土方隼斗(ひじかたはやと)選手。

 

日本ランキング1位の方なんだけど

プロになる前、中学生の頃に

なんと3年で1200大会も出場したんですって!!!

 

 

瞬時に計算しようと思ったけど、全然数字が合わない!(焦)

つまり、1日に複数の大会をハシゴして場数を踏んでたそうです。

 

慣れと勝負勘がつくと思って、自ら挑戦してたとか。

 

それで、うまくいかなかったところは

すぐに翌日練習して…を繰り返して、

プロになる決意をして高校へは進学しなかったんですって。

 

行動量が圧倒的、ですよね…!

 



 

それだけの覚悟を持って自信を持ってやりこんでいること、

今の私には正直ないなって思ったんです。

 

 

書く力と言葉の影響力が欲しいと思ってるのに

最近ブログの更新減ってるし

書くことにまだまだ本気になれてない。

 

 

やってる”つもり”になってるだけで

「突き詰めよう」

「誰よりもやってやろう」

そういうハングリー精神が全然足りてないな、と

テレビを見て反省しました。

 

 

 

「忙しい」「気分が乗らないから」と言い訳してたら

”その他大勢”に埋もれちゃう。

 

 

ほんとにそれでいいんですか?って話です。

 

 

 

本当に突き詰めたいことは何?

なんで?

じゃあ、どう行動する?

 

私にも、自分会議が必要みたいです。

 

 

 

無料メルマガ配信中♡

在宅で月5万円の副収入を実現!
バイマ無料メール講座

購読者様全員に動画を無料プレゼント!

〜内容〜
2016年開催「物販ビジネススタートアップセミナー」
【バイマの販売の流れ】
【商品リサーチ方法】
【仕入先リサーチ方法】

ご登録はこちら


「地味女(ジミジョ)」の「自己発信力」メールレッスン

購読者様全員に特典を無料プレゼント!

「地味女」におすすめの副業・起業4選

登録はこちら

 

Related Entry

自分はちっぽけだと認めることから、始める

その思い込みが、未来を奪う

毎月、おこづかいが入ってきたら嬉しいですか?

ちょっと上手くいかないからって止めてしまうのは、ただの「逃げ...

休日のために平日を耐え忍んでいた人生

私が副業のモチベーションを保てた理由