一言で定義づけできるほど、人間は単純じゃない

「私はこういう人間である」

答えを急ぎすぎていたことに気がつきました。

 

昨日のブログで紹介した

朝井リョウさんの「何様」を読んで

感じたことのひとつです。

 

 

「私は、忙しなく外で人と会って時間を過ごすよりも

家でのんびり自分の時間を味わうことの方が好きである」

 

そう自分を定義づけしていたけど

2週間近く家族以外の知り合いに会わないと

さすがに寂しくなって(笑)

会いたい人にご飯のお誘いのメールをしちゃった私が

ここに居る。

 

 

 

「私は、周りの流れに飲み込まれることを避けて

マイペースに進んでいく人である」

 

自分をそうだと位置付けていたし

そうありたいと思っているけど、

やっぱり今でも

人の活躍を見て嫉妬や焦りの気持ちが湧くし

私はこのままでいいんだろうか…と不安になる私が

ここに居る。

 

 

 

 

 

自分の中に矛盾があることに嫌悪感があって

「私はこんなはずじゃないのに!」って悶々としてたけど

「矛盾がある私こそが私」ってことを認めちゃう方がいいのかなって。

 

 

「1+1は2である」みたいに

「私とは◯◯である」と一言でバシッと言えるほど人は単純じゃなくて

もっと複雑で矛盾していてぼやけてる部分もあるよね?

 

 

考え方だって、時間や経験や周りの刺激で

どんどん変わっていくし。

 

 

自分を知ることに、ゴールはない。

 

 

完璧な答えを求めようとせず

一言でこれ、と決めつけず

見つめ続けて感じ続ければいいんですよね。

 

 

誰にどうこう言われたわけでもなく

ひとりで勝手に

「強くなければいけない」と囚われてたことにも

気づけました。

 

 

 

 

自分と向き合うって、奥深いな。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。