人を変えようとするのは、自分のエゴ

実は最近、悶々としていたことがあったんです。

 

私は「ふんわり」と「ストイック」の両面性を持っていて

切り替えのスイッチを無意識に使っているんですね。

 

 

スケジュールに余白があって

気分でその日することや行く場所を決められるゆるさが

自分の理想のライフスタイルで、

けっこうぼーっとしてるし(笑)

 

集団行動では先頭に立ってぐいぐい引っ張るタイプでもない。

 

 

 

でもその一方で

「やる」と決めたら突っ走るし

「やりながら考えよう」ととにかく動くし、

「やってなんぼでしょ」マインドなんですよね。

 

 

 

 

旦那さんの影響も大きいと思うけど、

男っぽい部分もあって

そのおかげで今こうして個人で仕事ができてるんだと思ってます。

 



その二面性、ギャップみたいなものって

私の持ち味で「素」なんだから

そのままでもいいはずなんだけど、

”どちらか一方に振り切らないといけないと思ってた”んですよね。

 

 

自分の見せ方に苦しんでた、というか。

 

 

 

 

でも、あれこれ心の内をノートに書き出してみたら

本当の悩みの根源はここじゃないことに気づいた。

 

 

 

自分のストイックさを他人にも求めてしまうこと、が問題でした。

 

 

「なんでやってくれないの?」(私はこんなにこうしてるのに…)

「なんで伝わらないの?」(これだけ与えてるのに…)

 

最近は色々と考えすぎてしまって

きっと焦ってしまって

人を変えようと

ストイックマインドを押し付けようとしてたように思います。

(厚かましいにも程があるわw)

 

 

だから、見た目も「脱ふんわり」を目指していたのかも。

 

 

 

相手にとって必要なのは他の要素なのかもしれないのに

私にできることは他にももっとあるのに

それにちゃんと向き合わず

配慮や思慮を怠っている自分に反省しています…

 



 

以前BUYMAをレクチャーしていた生徒さんから

「ゆかりさんを信じて教えてもらったことをコツコツ続けたら

利益30万円達成しましたー!」

と報告のメールが最近届いたんです。

 

 

 

おったまげましたね(笑)

純粋にすごい!と思いました。

 

 

このメールを読んだときに

「私が育ててあげた」なんて本当に思わなくって

やる人は”勝手に”自分なりに工夫してやり続けてることを確信しました。

 

この成長は、ご本人の意志と行動力の賜物以外の何物でもない。

 

でも、私の思いも知識も確実に伝わっていたんです。

 

 

押し付けや求めることはやっぱり間違えてる。

 

「今までの自分でいいんだ」

そう思わせてくれた出来事でした。

 

 

 

私には、人を変えることはできない。

だけど、私の思いや言葉や経験が

誰かにとっての「ヒント」や「きっかけ」になることを

もう知っています。

 

 

だから、変えようとしない。

私は私に対して「ふんわり」で「ストイック」なままでいい。

自分と同じものを相手に求めない。

自分と他人は違うんだと区別する。

 

その上で、私は伝え続けることに集中しようと決めます。

(はー、ブログに書いてだいぶすっきり!)

 

♡お知らせ♡

2017年10月13日 初の著書「OLやめてみませんか?」発売!

【30代からの働き方に悩む全ての女性へ】

満員電車のストレス、やりがいのない仕事、頑張っても上がらないお給料、面倒な人間関係……
限られた収入と週末のために、平日を我慢していませんか?
やる気なし・目標なし・自信なしの元事務職OLが、働き方を模索し辿り着いた「起業のリアル」をお伝えします。

ご購入はこちら


 

 

【「働くっておもしろい!」を叶える♡】国内物販ビジネス体験型ワークショップ

「働くって楽しい!」
「稼ぐっておもしろい!」
「今日も1日があっという間だったな♡」

そんな毎日を、一緒に叶えていきませんか?

参加者全員に、動画「物販ビジネスの概要と継続収入を叶える法則」(約60分)をプレゼントします!

 

詳細・お申し込みはこちら

 

 

未経験者・副業でも初月から稼げる♡国内物販無料メール講座

購読者様全員に動画を無料プレゼント!

【物販ビジネスの収益モデル】
【物販ビジネスの種類】
【転売ビジネスの種類】
【転売ビジネスで継続収入を叶える5つの法則】

ご登録はこちら

 

Related Entry

本選びは、手軽な健康診断

肩書きのない人に、私はなりたい。

二者択一な人生からの脱却

真夏日にクーラーが壊れた問題

「好きなことを仕事に」の呪縛

「本気になる」と静かに心に決める瞬間の話。