【参加レポ②:集中できる場所をつくる】メンタリストDaiGoさん「超集中力セミナー」

10/9に開催された

メンタリストDaiGoさんの「超集中力セミナー」に

スタッフとして参加させていただきました。

 

今日はそのレポ第2弾で「場所」について。

 

レポ①はこちら:集中できる時間を知る

 

 

 

DaiGoさんが仰った

「集中力は場所に宿る」という言葉の切れ味がすごくお気に入りです。

 

 

①TO DOリストには「やること」と「やる場所」を書く

「その場所に行く」という目標設定で、集中の実現を促す

 

 

②集中を削ぐものは20秒以上かかる場所に置く

例)スマホのゲームアプリは、すぐ押せない箇所に保存しておく

※反対に、集中したいものは20秒以内で取りかかれるように環境を作る

例)ノートや手帳は開いておく

 

 

③関係のないものは視界から無くす

仕事や勉強をする環境では、集中を削ぐものは排除する

 

 

 

 

DaiGoさんの著書「自分を操る超集中力」を事前に読んでいたのですが、

読んで即デスクの片付けをしました。

 

私のデスクはPCと手帳と付箋とペンだけ置いてあって、

DaiGoさんの真似をして、

手帳や書きかけのノートは開けっぱなしにしています。

 

 

机に向かうとすぐにTO DOリストやスケジュールが見えるから

次の行動に躊躇なく進めるような感覚です。

おすすめ!!

 

 

それから、家にいるときは

スマホは手の届かないところに置くようにしてます。

 

デスクにいるときはテーブルに

寝るときはデスクに

…というように、基本すれ違い(笑)

 

 

実際、家で携帯を携帯している必要ないし

無駄にネットニュースやSNSを見る癖を改善できるから

この方法もすごく有効です!

 

 

電話やメールの通知が来て意識がスマホに向かってしまったら

その後また集中状態に入るまでに25分もかかるらしい!(驚)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。