【参加レポ①:集中できる時間を知る】メンタリストDaiGoさん「超集中力セミナー」

10/9に開催された「超集中力セミナー」に

スタッフとして参加させていただきました。

 

 

起業塾で学びを受け

今の私のベースを作ってくださった

鈴木実歩さんが元々DaiGoさんの大ファンで

熱烈オファーをして今回のセミナーが実現!!

 

 

普段なかなか一般向けに講演をされないそうで

超レアな空間に530名が集まりました。

 



圧巻…!

 

 

超集中=没頭している状態

 

「気づいたらいつの間にかこんなに時間が経ってた!」が

本当に集中してることを指すんですね。

 

 

人間が集中できる時間はわずかで

DaiGoさん曰く「1日4時間も集中できたらすごい」んだそう。

「1日2時間集中できるだけで人生は変わる」と仰っていました。

 

 

その超集中は「時間」や「場所」あるいは「食事」に

配慮することで得られるということで、

実際にDaiGoさんが取り入れている手法なんかも

具体的に聞くことができましたよ。

(徹底ぶりがほんとにすごくて…!)

 

 

 

今回は「時間」について

私がさっそくやってみようと思ったことをシェアしますね!

 

 

 

①時間があっという間に過ぎた、という時間帯を記録する

・集中度合いを3段階ほどで判断しカラーペンなどで可視化

・食事や睡眠の時間の一定化がおすすめ

(集中できる時間帯も一定になるから)

 

 

②①をもとに、自分の集中力をベースに1日のスケジュールを立てる

・一般的に、朝の2時間は集中力が高い

・基本的に「決断は朝、午後は勉強、夜は単純作業」がおすすめ

(DaiGoさんは夜は何もしないんだって)

 

 

③集中しない時間をわざと作る(散歩や軽い運動など)

→脳を休めて再度集中できるようにする、メリハリが大事

(DaiGoさんは愛猫Timeを設けてるそうw)

 

 

④自分の時給単価を把握する

時間とお金を比べて物事を素早く判断

例)長い時間並んで1000円ランチを食べるより

並ばずにフレンチレストランで3000円のコースを食べる

 

 

⑤タスクや単純作業は、早く終えられるように工夫する(1日数分でも)

楽しいことや創造性を発揮する場面は「◯分以内に」と時間で区切らないようにする

 

 

うん、まずは自己把握からですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。