Facebookアプリをスマホから消し去って、分かったこと

Facebookアプリを携帯から消去して

1週間が経ちました。

(参考記事:習慣を変えたいときは、強制力も必要

 

 

 

気づきや心境の変化があったのでシェアすると

「ホントに消して良かったーー!!!」(笑)

 

 

 

今までは、外出中に携帯を取り出して

よくFacebookを見ていたんだけど、

アプリを消したことで

Facebookのサイトにアクセス→ログインの手間暇が

かかるようにしたんです。

 

 

初日は”今まで通り”チェックしないと

なんだか落ち着かなくて、

わざわざそのツーステップを踏んで

Facebookを見ていたんだけど、

だんだん「あ、めんどくさいな」ってなってきてw

 

 

それだけ手間がかかるなら見なくてもいいやって

携帯に手を伸ばすことがかなり少なくなりました。

 

 

 

 

それでね、やっと分かったんです。

 

「見たくて見てたんじゃなくて、見れちゃうから見てたんだ」と。

 

 

SNSに支配されていた自分が

なんだか怖くなりましたね…。

 

 

それからは

Facebookはパソコンからだけ見るようになって

付き合い方も変えました。

 

 

お仕事のツールとしてとっても助かるから

ありがたく使わせていただき、

毎日投稿は続けているけど

Facebookを開くのは

自分が投稿するときとコメントに返信するとき、

それから

参加しているFacebookグループを見るときだけで、

皆さんの投稿はほぼ見ていませんw

 

 

自分が投稿したときに

最新のフィードの投稿を数分見るくらい。

だから、私のいいねやコメントは、今後超レアです(笑)

 

 

 

今までは「みんなの動きを情報収集しておかなきゃ」と

固定概念に縛られていたけど、

実際にそこから離れてみて感じたのは

「そんなに困らない」ってこと。

 

 

 

むしろ邪念が入らず

自分の「時間」や「空間」に集中できるから

これくらいがちょうどいい♡

 

image

 

アンテナを張る必要はあるし

情報収集も大切だけど、

毎日Facebookに流れてくる膨大な情報を流し見するより

目的意識を持って情報を集めに行く姿勢の方が

効率面でもメンタル的にも良いと今は思います。

 

 

 

自分がやるべきは

他人の動きを把握することじゃなく

目の前のお客様のことを考えることであり、

自分がどう在りたいのか思考を巡らせることであり、

それを実現するための行動を積み重ねることである。

 

 

この1週間で大切なことに気づきました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。