他人のふとした一言が、ヒントになる

今日はあいにくの雨だったけど恵比寿にお出かけ。

 

 

 

せっかくだからと買い物をしてから

(思わず雑貨やアクセサリーを衝動買い♡)

以前在籍していた起業塾の同期とごはんに行きました。

 

 

去年の11月から今年の2月まで

共にSNS起業のイロハを学んできた尊敬する仲間。

卒業後もこうして情報交換ができる貴重な存在です。

 

 

 

・それぞれが現在自己投資して学んでいる内容や環境

・女性起業の格差について

・今後の展望

・時間管理について

などなど。

 

 

100%仕事の話だったけど

好きで選んでやっていることだから

ひとつひとつのシェアが濃くて話が尽きなかった!

 

 

ごはんもおいしかった♡

 

 

 

私もここ最近の気づきや悩みを話したんだけど、

2人からポンポン返ってくる言葉が

今後の活動のヒントになることばかりで、

思わず携帯にメモw

 

 

 

得たヒントをひとつシェアすると

「本を出して講演会するのとか良いんだねー」

って言われたんです。

 

 

 

「何しているのが楽しい?」と聞かれて

「セミナーで喋ってるとき」と答えて、

「喋るのと書くのとどっちの方が楽しい?」と聞かれて

「うーん、どっちも楽しい!」と答えたんですよね。

 

 

それで、「講演会タイプ」ってワードが出てきたの。

 

 

 

で、それがしっくりきてテンション上がったんですよ。

 

 

 

導いて人を変えたいんじゃなくて、

私の思いをシェアしたくて

思いが何かしらのヒントになってほしいんです。

 

 

 

単にノウハウだけを教えるに留まらず

在り方や考え方を熱弁する存在でありたい。

 

 

 

 

 

この数分のやり取りの中でも

これだけ自分の思いに気づくことができました。

 

すごいですよね!!

 

 

自分にじっくりと向き合う時間も大切だけど

人と話すことで、さらに新しい自分に気づける。

 

 

だからこそ

アンテナを張って素直に耳を傾けることが大事だな、と

改めて感じました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。