そのブログの書き方が、お客様を遠ざける

<2016年9月に書いた記事を加筆して再アップします>

 

成功者のマネをすること(モデリング)は

ビジネスにおける基本中の基本。

 

それはブログ発信においても同じです。

 

でも

「それさえやっていればいい」は大間違いですからね!

 

・アクセスを上げるコツ

・心理学に基づいた話の展開

・お役立ち記事を書くこと

・1日何記事書く、コメントがどうこう

・認知のために自撮りを載せる

 

もちろんどれも大切なことなんだけど

『そこにあなたの感情はありますか?』

 

 

感情がない=「やらなきゃ」「やるべき」でやってる

ってことだから、

せっかく一生懸命書いたとしても

受け手には、何の印象も残らないし何も伝わらない。

 

 

「なんかいっつも同じようなこと言ってない?」

「無理してSNSでアップしてるの分かるわーかわいそうw」

むしろ悪印象を与える可能性すらあります。

 

 

必要としてくれる人に思いやサービスを届けたくて

ライバルではなく自分を選んでほしくて発信してるのに

その発信の仕方が「選ばれない理由」になっちゃうなんて

絶対イヤですよね!!

 

 

アイドルだったら

かわいいポージングをしたり

歌やダンスの練習をしたり

カメラで抜かれるときにとびきりの笑顔をしたり

そんなことは当たり前にやることであって、

「それだけ」やってても選抜メンバーには入れない。

 

 

熱心なファンじゃない限り

「なーんかみんな同じ顔に見えるねー」と言われて

存在すら認知されず記憶に残りません。

 

 

 

「その他大勢」とみなされちゃう人と

「固有名詞」で記憶に残る人(目立つ人)の大きな違いは

 

・「自分しかできないこと」を体現しているか

・「自分しか言えないこと」をアウトプットしているか

 

だと思うんですよね。

 

 

AKBのさっしーにとってそれは「バラエティ力」だろうし

こじはるは「美」や「抜群のスタイル」なのかもしれない。

 



 

・アクセスを上げるコツ

・心理学に基づいた話の展開

・お役立ち記事を書くこと

・1日何記事書く、コメントがどうこう

・認知のために自撮りを載せる

 

学んで実践するのはもちろん大事。

 

 

問題なのはそこから先で

「自分しか伝えられないこと」を

「自分の言葉」で表現しないことには

「選ばれる存在」にはならず、埋もれてしまいます。

 

 

高尚なことや難しいことなんて言わなくてもいい。

頭であれこれ考えず

パソコンや携帯に向かって感情を言語化すればいいんです。

 

 

自分の思考や感性や感覚は

誰にも書けない「オリジナルのコンテンツ」。

 

ここを強化せずに

選抜メンバー入りを目指すなんてもったいない!

 

 

一辺倒な内容の投稿や

毎回同じ作り笑顔の自撮りアップ

もう、やめませんか?

 

 

「ブログは言葉が武器」なんだから

そこに本心や感情が込もっていなければ

勝負する前に負けちゃいますよ。

 

 

私はそんなの悔しすぎるから

自分の内面をブログで書いていくし

「選ばれる存在」になりたい皆さんに

その大切さを伝えていきます。

 

♡お知らせ♡

2017年10月13日 初の著書「OLやめてみませんか?」発売!

【30代からの働き方に悩む全ての女性へ】

満員電車のストレス、やりがいのない仕事、頑張っても上がらないお給料、面倒な人間関係……
限られた収入と週末のために、平日を我慢していませんか?
やる気なし・目標なし・自信なしの元事務職OLが、働き方を模索し辿り着いた「起業のリアル」をお伝えします。

ご購入はこちら


 

 

【「働くっておもしろい!」を叶える♡】国内物販ビジネス体験型ワークショップ

「働くって楽しい!」
「稼ぐっておもしろい!」
「今日も1日があっという間だったな♡」

そんな毎日を、一緒に叶えていきませんか?

参加者全員に、動画「物販ビジネスの概要と継続収入を叶える法則」(約60分)をプレゼントします!

 

詳細・お申し込みはこちら

 

 

未経験者・副業でも初月から稼げる♡国内物販無料メール講座

購読者様全員に動画を無料プレゼント!

【物販ビジネスの収益モデル】
【物販ビジネスの種類】
【転売ビジネスの種類】
【転売ビジネスで継続収入を叶える5つの法則】

ご登録はこちら

 

Related Entry

読みやすいブログ記事の書き方:その2

ビジネスブログに、絶対書くべきこと

言葉に感情を乗せる

人生に必要なのは「言語化能力」である

ブログと呼吸は同義語である

心華やぐ言葉【悔しさと向上心を一言で表す:五輪メダリスト羽根...