おすすめ本:『コンビニ人間』 村田沙耶香さん

ハードカバーの小説を買うことがほとんどない私。

それなのに、本屋さんで目に入って気になって思わず買っちゃいました。

 

コンビニ人間 [ 村田沙耶香 ]


 

文体はとても読みやすくて一気に読んでしまったんだけど

想像以上に、後味悪いです(笑)

 

 

すごいね、考えさせられる。

読んで良かった。

 

 

 

主人公にとっては「コンビニ」という空間が世界そのもので、

そこでの”流れ”を察知して”スタンダード”を守り続けることでしか

上手に生きていけない。

 

もし、「コンビニ」を取り上げられたら…

 

 

自分はありのままの姿で正直に生きていると思っていても、

無意識レベルで「こうであるべき」「普通はこうでしょ」と

自分にも他人にも押しつけているのかも。

 

 

自分が今生きている「社会」を客観的に見て

自分を見つめ直すきっかけになります。

 

 

興味のある方は読んでみてください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。