その思い込みが、未来を奪う

私はお酒を飲むのが好きで

「趣味は飲み会です」と答えていたほど(笑)

(今はだいぶ弱くなりました…)

 

 

だから昔は

「付き合う人は自分よりお酒が強い人がいい♡」

「お酒が好きな人と結婚した方が楽しそう!」

と周りにも話していました。

 

 

 

でも蓋を開けてみたら

2年間付き合って結婚した旦那さんは下戸(笑)

 

 

最初はね、正直残念に思ってたんですよ。

「なんか飲みたいー!」っていうあの感覚を共有できないし

ふたりで晩酌…の図に憧れていたから。

 

 

だけど

一緒にいて8年くらい経った今は(あっという間!)

飲めない人で良かった、とすら思ってます。

 

 

ふたりがお酒好きだったら

毎日飲みに行って体壊しそうだし、

妻としては、飲み会から帰ってこなくて心配…という悩みも皆無w

 

 

一緒に楽しめないストレスなんてたいしたことないじゃん!

って思ってます。

 

 

別にお酒が飲めても飲めなくても一緒にいて楽しいから、

私が判断基準にすべきことは「お酒」じゃなかったんです。

 

あのとき

「お酒が飲めない人はちょっと…」と距離を取らなくて

ほんとーに良かった!!!

 

image

嬉しそうにお肉をほおばるw

 

 

 

 

自分の勝手な先入観や思い込みで

選択肢を狭めてしまってることって多いと思う。

 

恋愛でも仕事でも、そうですよね。

 

 

パソコンが苦手だから…

忙しくて時間がない…

なんだか難しくてできなさそう…

どうせ私には関係のない話だし…

 

 

本当にそこが問題?

ただの言い訳や逃げってことも多いはず。

 

でもそうやって目を背けてたら

本当に大切なものを手放すことになっちゃいますよ。

 

お知らせ

Twitter更新中!

元事務OL→夫婦で独立3年目。ふたりで週5在宅生活を満喫中の私が、

『内向型を強みにする』を読んで救われた経験を元に、

内向性を活かす生き方や夫婦関係をつぶやいています!

Twitterを見る

 

 

夫婦共同ブログ『夫婦起業〜仕事も家事もコラボする生き方』更新中!

私たちの働き方や福岡移住計画について、夫婦でブログを書いています!

ブログを読む