応援される人が、結果を出す

 

セミナーやコンサルの時にもよく話すんだけど

 

「成果を出す方法」として

 

「環境を上手に使うこと」をお勧めしています

 

 

 

よく言われる

 

自分よりも圧倒的に成果を出している人にできるだけ会う、とか

 

先行投資をして学ぶ環境に身を置く、とか

 

確かにそれもその通りだと思うんだけど

 

 

 

私が言っている「環境」というのは

 

自分を応援してくれる人

 

もしくは

 

同じ志を持っている仲間

 

のことを指していて

 

 

 

友達や家族や恋人に「がんばって!」と応援してもらえたら

 

「よし、応援してくれる人の為にもがんばらないと!」と

 

前向きな気持ちになるし

 

「これは、気を抜いてられないなー」と

 

いい意味でプレッシャーがかかって身が引き締まります

 

 

 

同じ目標を持つ仲間と交流することで

 

「みんなもがんばってるから、私もがんばろう!」と思えて

 

ライバルの存在が自分を成長させてくれますよね

 

(オリンピックの水泳でメダルを取った萩野選手と瀬戸選手も

小さい頃から切磋琢磨してきたお互いの存在の大きさを語っていました)

 

 

 

周りの期待や応援やプレッシャーを

 

プラスの力に変えることで継続力を養い

 

良い結果を出すことができます

 

 

 

 

どんなことであれ

 

ひとりっきりで継続して成果を出し続けるのは至難の技

 

 

 

オリンピックに出場している選手も

 

テレビでよく見る芸能人も

 

SNSで活躍を目にする起業家の方も

 

絶対に誰かと関わり、応援され、あるいは支えられています

 

 

 

 



 

 

 

 

私自身も、これまでレベルアップしてきたタイミングすべてに

 

応援してくれる人や切磋琢磨できる同志の存在がありました

 

 

 

 

 

中でも、いつも私に力をくれるのは旦那さんです

 

 

OL時代の物販の副業も

 

彼は全面的に応援をしてくれました

 

 

「自分で稼いで、精神的にも金銭的にも自立してほしい」

 

というのが彼の強い希望だったんですよね

 

 

だから当時は

 

うまくいかなくて落ち込んで「もうやだ〜」と嘆いても

 

「次の方法を考えよう」「やるしかないよね」と

 

冷静で厳しいお言葉をいただきました(笑)

 

 

でもそうやって叱咤激励してくれたおかげで

 

根性も鍛えられて

 

OLを辞められるくらいまで稼げるようになりました

 

 

 

 

旦那さんもサラリーマンを辞めて

 

ふたりで会社を立ち上げて以降は

 

「1番の応援団」であり「共に戦うパートナー」という

 

意識が強くなりました

 

 

彼は彼で自分のビジネスをがんばっているから

 

私もがんばろうと思うし

 

 

頼りすぎて負担が偏らないように

 

お互いが売上の数字を意識しつつも

 

うまくいかないときは補完しあって

 

ビジネスの進捗をよく共有しています

 

 

image

 

 

パートナーや家族の理解・応援は

 

すごく大事だと思うんですよね

 

 

理解してくれてるからこそ

 

家事も分担できるし

 

お互いがお互いのペースを尊重しあえる

 

だから変なストレスは抱えずに

 

自分がやりたいことに集中できます

 

 

 

 

 

「お互いに高め合える存在」になれたのは

 

彼の人柄と努力と優しさのおかげです

 

 

 

 

 

 

お知らせ

【1名から参加可!】「さりげなく稼ぐ私」になる♡物販ビジネス体験ワークショップ

動画「物販ビジネスの概要と継続収入を叶える法則」(約60分)をプレゼント!

「働くって楽しい!」
「稼ぐっておもしろい!」
「今日も1日があっという間だったな♡」

在宅でもできる物販ビジネスで、
そんな毎日を一緒に叶えていきませんか?


詳細・お申し込みはこちら

 

夫婦共同ブログ『夫婦起業〜仕事も家事もコラボする生き方』更新中!

サイトはこちら

 

 

初の著書『OLやめてみませんか?』発売中!

【30代からの働き方に悩む全ての女性へ】

満員電車のストレス、やりがいのない仕事、頑張っても上がらないお給料、面倒な人間関係……限られた収入と週末のために、平日を我慢していませんか?やる気なし・目標なし・自信なしの元事務職OLが、働き方を模索し辿り着いた「起業のリアル」をお伝えします。

ご購入はこちら