ブログに書くネタに困った時の対処法

ブログに書くネタは

 

「無限にある」と私は思ってます

 

 

なぜかというと

 

その時々に自分が感じたことや考えたことを

 

書いていけばいいから

 

 

 

 

私もブログを始めた当初は

 

「役に立つ記事を書かなきゃ」とか

「結論つきのちゃんとした内容を書かなきゃ」とか

 

(無意識に)頭で考えながら

 

パソコンに向かっていたので

 

「何を書けばいいんだ~~」と悩んでました

 

 

そのおかげで

 

『教科書みたいなブログ』になってたな、と

 

 

 

言ってること自体は理解できるんだけど

 

その時の状況や事実しか書かれてなくて

 

全然頭に残らない感じ?

 

 

 

 

 

日本史の教科書も

 

例えば

 

徳川家康さんが天下統一するときの

 

苦悩やぼやき・気分の高まり・会話のやりとりが

 

書かれてたら

 

授業中も眠くならないと思うんですw

 

 

映画化もされた「ビリギャル」が

 

歴史を漫画本で学んでいたように

 

感情が描かれている方がぐっと引き込まれる

 

(こちらも参考に:読まれ続けるブログのヒントは「ドラマ」にあり!)

 

 

 

 

だから

 

結論がなくても

 

解決していないことであっても

 

その時々に自分が感じたことや考えたことを

 

書いていけばいいんです

 

 

 

 

 

 

「そうはいっても、実際どうやればいいの?」

 

という方に向けて

 

私が実践している方法をシェアしますね!

 

 

 

 

何と言っても大事なのは

 

自分の感情をキャッチする癖をつけること

 

 

歩いているとき

仕事しているとき

SNSを眺めているとき

ご飯を食べているとき

お風呂に入ってるとき

 

「楽しい」「嬉しい」「悔しい」「ムカつく」「悲しい」

「なんで?」「どうしよう…」「わくわく」「ドキドキ」

 

 

日常で湧いてくる喜怒哀楽をスルーせず

 

自分を俯瞰してみる

 

 

 

例えを出すと

 

昨日お風呂上りにストレッチしたら

 

すっごい気持ちよかったんですよ

 

その「気持ちがいい」っていう感情をちゃんと感じて

 

「心の健康も身体の健康も大事だなー」

「明日からもストレッチやろうっと」

「柔軟性の低さに自分がびっくりだわw」

 

というように思いを巡らせるんです(掘り込んでいく)

 

 

で、それをそのままブログに書けばいい

 

 

そうしたら

 

自分にしか書けない「感情が込もった文章」になるんです

 

 

 

 

 

 

俯瞰するのが難しければ

 

「人と会話する」のがおすすめ!!

 

 

 

会話は、思いを言語化したキャッチボール

 

瞬間的に発した言葉には

 

本心や本音がたくさん詰まってるので

 

 

会話が終わったあとに

 

自分が喋ったことを振り返ってみるといいですよ

 

 

 



 

 

 

私は忘れないように

 

キーワードを手帳に書いて

 

そのメモを見ながらブログを書くことも多いです

 

 

 

 

 

堤 ゆかり

 

 

セミナー開催情報&無料メルマガ

初心者でも副業でも初月から成果が出る♡国内転売ビジネスセミナー

転売ビジネスは基本的に確実に稼げますが、
輸入や輸出に比べて、国内はダントツで成果が早く出やすい!!

ちゃんとやれば、誰でも+@の収入を得ることはできます♡
一緒に「さりげなく稼ぐ自分」になりましょう♡

詳細・お申し込みはこちら


在宅で月5万円の副収入を実現!
バイマ無料メール講座

購読者様全員に動画を無料プレゼント!

〜内容〜
2016年開催「物販ビジネススタートアップセミナー」
【バイマの販売の流れ】
【商品リサーチ方法】
【仕入先リサーチ方法】

ご登録はこちら

 

Related Entry

最近の私

ネイルチェンジ♡

「ずっとお客さんでいちゃいけない」響きました【お客様の感想】

ひとりぼっちはキライです

発信者にとって大切なもの

ブログ歴6ヶ月で本の出版が決まったワケ