ブログに書くネタに困った時の対処法

ブログに書くネタは

 

「無限にある」と私は思ってます

 

 

なぜかというと

 

その時々に自分が感じたことや考えたことを

 

書いていけばいいから

 

 

 

 

私もブログを始めた当初は

 

「役に立つ記事を書かなきゃ」とか

「結論つきのちゃんとした内容を書かなきゃ」とか

 

(無意識に)頭で考えながら

 

パソコンに向かっていたので

 

「何を書けばいいんだ~~」と悩んでました

 

 

そのおかげで

 

『教科書みたいなブログ』になってたな、と

 

 

 

言ってること自体は理解できるんだけど

 

その時の状況や事実しか書かれてなくて

 

全然頭に残らない感じ?

 

 

 

 

 

日本史の教科書も

 

例えば

 

徳川家康さんが天下統一するときの

 

苦悩やぼやき・気分の高まり・会話のやりとりが

 

書かれてたら

 

授業中も眠くならないと思うんですw

 

 

映画化もされた「ビリギャル」が

 

歴史を漫画本で学んでいたように

 

感情が描かれている方がぐっと引き込まれる

 

(こちらも参考に:読まれ続けるブログのヒントは「ドラマ」にあり!)

 

 

 

 

だから

 

結論がなくても

 

解決していないことであっても

 

その時々に自分が感じたことや考えたことを

 

書いていけばいいんです

 

 

 

 

 

 

「そうはいっても、実際どうやればいいの?」

 

という方に向けて

 

私が実践している方法をシェアしますね!

 

 

 

 

何と言っても大事なのは

 

自分の感情をキャッチする癖をつけること

 

 

歩いているとき

仕事しているとき

SNSを眺めているとき

ご飯を食べているとき

お風呂に入ってるとき

 

「楽しい」「嬉しい」「悔しい」「ムカつく」「悲しい」

「なんで?」「どうしよう…」「わくわく」「ドキドキ」

 

 

日常で湧いてくる喜怒哀楽をスルーせず

 

自分を俯瞰してみる

 

 

 

例えを出すと

 

昨日お風呂上りにストレッチしたら

 

すっごい気持ちよかったんですよ

 

その「気持ちがいい」っていう感情をちゃんと感じて

 

「心の健康も身体の健康も大事だなー」

「明日からもストレッチやろうっと」

「柔軟性の低さに自分がびっくりだわw」

 

というように思いを巡らせるんです(掘り込んでいく)

 

 

で、それをそのままブログに書けばいい

 

 

そうしたら

 

自分にしか書けない「感情が込もった文章」になるんです

 

 

 

 

 

 

俯瞰するのが難しければ

 

「人と会話する」のがおすすめ!!

 

 

 

会話は、思いを言語化したキャッチボール

 

瞬間的に発した言葉には

 

本心や本音がたくさん詰まってるので

 

 

会話が終わったあとに

 

自分が喋ったことを振り返ってみるといいですよ

 

 

 



 

 

 

私は忘れないように

 

キーワードを手帳に書いて

 

そのメモを見ながらブログを書くことも多いです

 

 

 

 

 

堤 ゆかり

 

 

♡お知らせ♡

2017年10月13日 初の著書「OLやめてみませんか?」発売!

【30代からの働き方に悩む全ての女性へ】

満員電車のストレス、やりがいのない仕事、頑張っても上がらないお給料、面倒な人間関係……
限られた収入と週末のために、平日を我慢していませんか?
やる気なし・目標なし・自信なしの元事務職OLが、働き方を模索し辿り着いた「起業のリアル」をお伝えします。

ご購入はこちら


 

 

【「働くっておもしろい!」を叶える♡】国内物販ビジネス体験型ワークショップ

「働くって楽しい!」
「稼ぐっておもしろい!」
「今日も1日があっという間だったな♡」

そんな毎日を、一緒に叶えていきませんか?

参加者全員に、動画「物販ビジネスの概要と継続収入を叶える法則」(約60分)をプレゼントします!

 

詳細・お申し込みはこちら

 

 

未経験者・副業でも初月から稼げる♡国内物販無料メール講座

購読者様全員に動画を無料プレゼント!

【物販ビジネスの収益モデル】
【物販ビジネスの種類】
【転売ビジネスの種類】
【転売ビジネスで継続収入を叶える5つの法則】

ご登録はこちら

 

Related Entry

「自由」のイメージ

不言実行の強さ

昨日も楽しい1日でした

今、読んでいる本

【夫婦起業ブログ】平日に一緒に夕飯を食べられる幸せ

グループコンサルレポ*11/8④