私が副業に物販ビジネスを選んだ理由

お会いする方によくいただく質問のひとつがコレ

 

「なんで物販をやったんですか?」

 

 

副業や起業に興味があるものの

 

情報がありすぎて何をしたらいいのか分からない

 

そもそもどんなビジネスがあるのかを知らない

 

そんな方が多いからでしょうか

 

 

 

私がなぜ物販ビジネスBUYMAを選んだのか

 

それは「旦那さんに勧められたから」です

 

夢や希望もなくてすみませんw

 

 

「起業してこんなビジネスがしたい」

「独立してこんな風になりたい」

 

そんな思いはまっったくなかったんですよ、私

 

(たいてい驚かれます)

 

 

単調な仕事を繰り返すだけの毎日を変えるために

 

新しいことにチャレンジしたかった私は

 

「とりあえず資格でも取るか」と安易な判断で

 

FP2級の勉強を始めて(金融系の会社にいたので何か役に立つかなと)

 

見事1発で合格したのですが

 

全く興味のない分野だということがわかり

 

それでどうなるわけでもなく、終了

 

 

 

 

で、相変わらず悶々としていた私は

 

「次に何か新しいことないかなー」と旦那さんに相談

 

そうしたら

 

「BUYMAやってみたら?」とアドバイスされたわけなんです

 

 

彼は元々独立志向があったので

 

会社員時代に色々なビジネスに挑戦してきていたんです

 

それでBUYMAも少しやったことがあったので

 

私にもお勧めしてくれたんですね

 

 

(女性の自立を願っていた彼は、専業主婦は断固反対

なんでも、「家でダラダラTV見てる時間があったら

副業でもして稼げばいいのに」と思ってたらしく、

期待通りの展開だったとかwまんまと彼の戦略にハマりました)

 

 

なので、「じゃあやってみるか~」と

 

軽い気持ちで始めました

 

 



 

 

 

個人でできるビジネスがこんなにたくさんあるなんて

 

当時の私は知りもせず、調べもせず

 

たまたま出会ったBUYMAに取り組んだんです

 

 

 

当時の私がもし他のビジネスの存在も知ったとしたら

 

物販じゃない別の何かにチャレンジしていたかもしれないし

 

情報に翻弄されて逆に身動きが取れなかったかもしれない

 

 

 

これは結果論に過ぎないけれど

 

選択肢が少なかったことが私にとって良かった

 

 

 

・経歴や資格が一切関係なく取り組みやすくて手堅い

 

・顔出し不要だから会社バレの心配もない

 

・家でコツコツ取り組むのが楽しい

 

 

こうして改めて振り返ってみると

 

物販ビジネスの良さが

 

当時の私の状況や性格にマッチしていたんだな

 

とも思いますね

 

 

 

自分でビジネスするって

 

・好きだと思うものを仕事にする

・必要とされる(ニーズがある)ものを仕事にする

 

どっちもあるけれど

 

別にどっちだっていい

 

 

 

 

 

何かやりたいけど何をしていいか分からない人

物販ビジネスに興味がある人

 

ぜひBUYMAランチ会に来てくださいね

http://ameblo.jp/yukari-tsutsumi/entry-12152758487.html

 

 

 

セミナー開催情報&無料メルマガ

初心者でも副業でも初月から成果が出る♡国内完結型物販ビジネスセミナー

転売ビジネスは基本的に確実に稼げますが、
輸入や輸出に比べて、国内はダントツで成果が早く出やすい!!

ちゃんとやれば、誰でも+@の収入を得ることはできます♡
一緒に「さりげなく稼ぐ自分」になりましょう♡

詳細・お申し込みはこちら

 

 

未経験者・副業でも初月から稼げる♡国内完結型物販無料メール講座

購読者様全員に動画を無料プレゼント!

〜内容〜

【物販ビジネスの収益モデル】
【物販ビジネスの種類】
【転売ビジネスの種類】
【転売ビジネスで継続収入を叶える5つの法則】

ご登録はこちら

 

 

在宅で月5万円の副収入を実現!
バイマ無料メール講座

購読者様全員に動画を無料プレゼント!

〜内容〜
2016年開催「物販ビジネススタートアップセミナー」
【バイマの販売の流れ】
【商品リサーチ方法】
【仕入先リサーチ方法】

ご登録はこちら

 

Related Entry

南城久美子さんセミナーレポ③〜「発信力」なくして「ブランド力...

【夫婦起業ブログ】「夫婦で起業」という働き方

【夫婦起業ブログ】夫婦円満の秘訣(家事編)

謎のキーワード検索

NEWネイルは桜♡

その⑦ 無職になった日編