「毎日楽しい」は嘘でした

<2016年4月の記事を再掲載します>

自分の在り方を私なりに定義したくて

私の理想型を確立している

憧れの南城久美子さんのブログを

今日1日読みあさっています。

「職業=自分」の働き方をしたい人には絶対おすすめ!

南城さんのブログ
http://ameblo.jp/fukusia/

 

アクセスが3000pvを越えた
南城さんの個別コンサルのレポ4部作も読んでね。

...

image
これはコンサルを受けたときのツーショット

 

特に刺さった言葉は、復習のためにメモにコピペ

思考を巡らせるべき問いは、ノートに書き出しています。

なんて贅沢な時間・・・

 

 

私は何が好きなのか

私にとっての成功とは何なのか

ひとりよがりの発信になっていないか

自分がすでに持っているモノは何なのか

そもそも本当の私ってどういう人なのか

 

…考えるべきことがたくさんです

 

 

今言えるのは

自分のことぜーんぜんわかってないや

ってことw

 

 

でもこうして自分を紐解いていくことは必要不可欠

ブログのネタにもしばらく困らなさそうです。

 

 

今日の気づきのひとつは

「まだまだ本音を書けていない」ってこと。

 

自分をきれいに見せようとする癖が取れてないなと。

 

でもこれも意識して練習を繰り返せば

慣れてくると思うから

少しずつ書いていきます。

 

 

取り繕うとあとが辛いしね・・・

 

 

今回は

私が嘘をついていたことをお詫びしますw

実はねー

ランチ会などでお客様にお会いしたときやSNS上で

「毎日楽しいスケジュールしかなくて超幸せ感」を

出していたんだけど(そんなニュアンスのことを言ったりも)

これ、、、、、嘘でした。

 

 

フリーで仕事しているとはいえ

自分が好きじゃない業務もあるし

会社員では味わえない

税務関係の諸々の手続きとか超面倒。

 

初めて開催する企画は緊張して心臓バクバクするし

朝起きて、目覚ましを止めたらまず最初に必ず

お申し込みが入っていないかメールチェックして

新着メールが0だと朝一でさっそく凹む(笑)

 

 

値上げしてお申し込みの足が鈍くなると

「価格上げなきゃよかったかなー」と落ち込むし

(起業あるあるですよねw)

だらだら過ごしちゃって自己嫌悪に陥る時もあります。

 

 

前月の売り上げを越えられない = 自分は成長できてない

って思って自信なくすしね。

 

 

 

いざ書き出したら、いくらでも出てくるわw

 

起業って「自分との闘い」だなって思います。

 



 

私の場合は

OL時代よりも今の私の方が明らかに輝いてるし

仕事も楽しいし(仕事は楽しいは楽しいよ)

早起きや満員電車ともさよならできたし

ブログを書く楽しさを知れたから、

起業して良かったって思う。

 

これはほんと。

 

 

でも

「わー楽しいー♪ハッピー♪」って

お花畑をスキップしてるような甘さだけじゃない。

 

チャレンジに対する不安や悩みやもがき…

決断を下すときのドキドキ感…

そういう苦しさも間違えなくあるから、

「毎日楽しいスケジュールしかなくて超幸せ」は嘘で

「苦しさもまるっとぜーんぶ含めて刺激的で楽しいと思っている」が本当。


 

 

未来を見せられる存在になりたいけど、
いいとこだけつなぎ合わせて伝えるのはもう止めます。

♡お知らせ♡

2017年10月13日 初の著書「OLやめてみませんか?」発売!

【30代からの働き方に悩む全ての女性へ】

満員電車のストレス、やりがいのない仕事、頑張っても上がらないお給料、面倒な人間関係……
限られた収入と週末のために、平日を我慢していませんか?
やる気なし・目標なし・自信なしの元事務職OLが、働き方を模索し辿り着いた「起業のリアル」をお伝えします。

ご購入はこちら


 

 

【「働くっておもしろい!」を叶える♡】国内物販ビジネス体験型ワークショップ

「働くって楽しい!」
「稼ぐっておもしろい!」
「今日も1日があっという間だったな♡」

そんな毎日を、一緒に叶えていきませんか?

参加者全員に、動画「物販ビジネスの概要と継続収入を叶える法則」(約60分)をプレゼントします!

 

詳細・お申し込みはこちら

 

 

未経験者・副業でも初月から稼げる♡国内物販無料メール講座

購読者様全員に動画を無料プレゼント!

【物販ビジネスの収益モデル】
【物販ビジネスの種類】
【転売ビジネスの種類】
【転売ビジネスで継続収入を叶える5つの法則】

ご登録はこちら

 

Related Entry

仕事をする上での責任と覚悟を忘れない

「本気になる」と静かに心に決める瞬間の話。

変化への反発を乗り越える

夢を語れる人でありたい

「最適値」は自分で決める

「地味女(ジミジョ)」という生き方。