仕事すら、人生を彩る手段でしかない

先日、セミナーに参加するために香港に行ってきて

そこで色んなことを吸収してきました。

 

 

セミナーのテーマ「自分らしさに目覚める」の名の通り

あれからずっと「自分とは…」を考えています。

 

 

それで、香港で話を伺った目標設定について自分なりに明確になってきたので

ブログでさっそくシェアしますね!

 

 

例えば、目標設定が「時間の自由が欲しい」だと漠然としすぎちゃってるんですね。

・何を以って自由なのか?

・1日何時間好きに時間を使えたら嬉しいのか?

・時間の自由を得て何をどうしたいのか?

 

 

自分なりの理想を「定義づけ」して

第三者とイメージの共有ができるくらいまで

具体的な理想像を言語化することが大事なんだと学びました。

 

 

 

それ以降、今日まであれこれ考えてみたのですが思考の偏りに気づきました。

 

いつの間にか「こういう仕事がしたい」「こんな働き方がいいかな」と

”働くことが目的になってしまっていた”んです。

 

 

私にとっては、仕事すら自分の人生を彩る手段でしかないんだ。

 

 

そう思考の転換ができたおかげで、

やっと少しずつ、自分の理想が具体化してきました。

 

 

 

私が叶えたい未来は夫婦ふたりでマイペースに生きる毎日。

 

・手料理、近所の定食屋さんの生姜焼き定食、銀座の老舗でお寿司…

食べたいと思うものを、一緒においしく食べる。

・読書や文章を書く時間をたっぷり楽しむ。

・「来週旅行行こうっか?」「うん、いいよー」と会話が飛び交う。

・人に会うのは週1〜2日。スケジュールはできるだけ余白だらけに。

・ハワイに別荘。気ままにハワイと東京を往復。

 

o0480036013786322551
 

今でもすでに自分のペースで過ごせているけど

文章を書くことや旅行を生活の中心にするために

ビジネススタイルのバージョンアップが必要だと思いましたね。

 

不労所得の収入の柱も確立したいな。

 

 

 

「理想のイメージ化」をしたことで自分の本当の望みが見えてきて、

そうしたら自ずと行動目標も浮かんできました。

この数日で、やるべきことがどんどんリストアップされていく…!(驚き!)

 

 

 

好きな「文章を書くこと」を仕事につなげようとばかり考えていたけど

趣味で自由に書いてても良くない?って視点が生まれたのも、新たな発見です。

 

無理に全部、仕事にしなくたっていいんですよね。

 

この調子で、理想を追求してもっと具体的に落とし込んでいきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。