内向型がオンラインサロンを楽しむコツ

SNSやネットニュースを見ていると、

インフルエンサーや起業家が主催するオンラインサロンの話題を度々目にしますよね!

 

オンラインサロンは、月額会費制のWeb上で展開されるコミュニティ(クローズド)の総称である。
作家、実業家、アスリート、ブロガー等、専門的な知識を持っていたり、ある分野で優れたスキルや経験を持つ個人、又は複数のメンバーが主宰者となり運営している。また、アーティスト・アイドル、モデル、テレビタレント・アスリートのファンクラブとして活用される例もある。   Wikipediaより

 

 

ホリエモンの「堀江貴文サロン」やキングコング西野さんの「西野亮廣エンタメ研究所」など

数千人以上の規模のものもあれば、数十人単位のものまで。

 

ビジネススキルを学ぶことが主体の”ノウハウ提供型”もあれば、

イベントやビジネスをサロン内で立ち上げる”企画協働・体験型”もあって、

価格や内容も様々です。

 

 

 

オンラインサロンだけではなく、ビジネススクールやグループ制の習い事など、

共に学び体験・成長する「大人数が集まる場所」はたくさんあります。

 

が…

内向型には、オンラインサロンってハードル高くないですか?(汗)

 

 

 

私もこれまでにいくつかオンラインサロンに入会したことがあるのですが、

100%楽しむことができませんでした…。

 

オンラインサロンの主催者や内容が悪かったのではなく、

「自分の内向性を理解した上で上手に活用できなかった」ことが原因だと思ってます。

 

 

 

今後、こういったコミュニティはさらにスタンダードになっていくだろうし、

参加する前から怖気づいて成長や学びのチャンスを逃すのはもったいない!

 

ということで、私の経験を踏まえて、

内向型がオンラインサロンを楽しむコツをいくつかシェアします。

 

 

内向型にとってオンラインサロンがハードルが高い理由

そもそも、なぜ内向的な人はオンラインサロン活用が難しいのか。

その理由は、2つに集約されると思ってます。

 

①知らない人たちがたくさんいる中に飛び込むのが不安

ひとり静かに過ごすことで活力を養う内向的な人にとって、

たくさんの人が会している場は刺激が強いと感じる傾向があります。

 

また、1対1もしくは少人数でのコミュニケーションを好むので、

知らない人が大勢いる場に足を踏み入れるのは大きな挑戦…!

 

年齢も住まいも仕事もバラバラの見ず知らずの人たちで賑わっている場に

慣れて打ち解けるまでには、時間がかかるという人も多いのではないでしょうか。

 

 

②参加者のスピード感やアグレッシブさに圧倒される

外向型と内向型の割合は7:3ほどだと言われているので、

オンラインサロンのメンバーも外向型の割合が多いと考えた方が自然です。

 

それから、こういったコミュニティに参加している人は

情報感度があって、やる気や向上心が高い人も多いんですよね。

 

だから、他のメンバーの行動力(積極的な発言・イベント企画など)や

スピード感(議題に対して意見を出すのが早い・決断力がある、など)に面食らって、

自分に自信をなくしまう負のループに陥りがち。

 

内向型の人は熟考する傾向があるので、考えをまとめて伝えるまでに時間がかかるんですよね。

考えているうちに話がどんどん展開していって、それを追っていくのに精一杯になって、

自分の考えを整理して発言する前に疲弊してしまいます。

 

”考える力”は内向性の強みなのに、

周りに飲まれてしまうと居心地悪くなっちゃうんですよね…。

 

 

 

 

内向型がコミュニティを楽しむコツ

①明確な目的を持って参加する

学びたいことや得たいことを明確にしてから入会しましょう。

 

「なんとなく面白そうだから」「流行っているから」と

ふわふわした気持ちで参加すると、

周りのパワーやスピード感に圧倒されるばかりで萎縮してしまいます。

 

ゴールが明確であれば、多少コミュニケーションに骨が折れても

前向きに楽しめるはず!

 

 

②初期メンバーになる

もうすでに関係性や雰囲気が出来上がっているコミュニティに

ひとり飛び込むのは勇気が要りますよね。

自己紹介で前のめりにアピールするなんて、無理ですしw

 

そこで、超おすすめなのは、サロンやコミュニティの”最初のメンバー”になること!

 

タイミングが合うとは限らないですが、気になるサロンがあったら、

様子を見るのではなく、思い切って初期メンバーとして入会してみてください。

 

みんながみんな知らない状態でスタートしてお互いを知ろうとするから、

手探りで時間がかかったとしても、十分に関係性は作れます。

”第1期メンバー”という絆が生まれて、自分の居場所になりやすいんですよね。

 

私は、過去に行った副業スクールや長期のビジネス講座は

どちらも初期メンバーとして参加したのですが、とっても楽しかったです!

特に、副業スクールはどんどん人数が増えて最終的には50人近くの大所帯になったけど、

メンバーとはかなり仲良くなりましたし、その大勢の中でも生き生きと過ごせました。

 

”初期メンバー”という絆でベースの信頼関係を築いたから、

例え人が入れ替わったり増えてもアウェイに感じなかったんだと思います。

 

 

③知り合いを誘って一緒に入会する

内向型にとって、大人数が集まる場を楽しむキーワードは「ホーム感」。

 

知らない人ばかりの輪の中に入っていくのが不安なら、

友達やパートナーを誘って一緒に入会してみるのもアリですよ!

 

自分を知ってくれている人の存在は、想像以上に大きいです。

ひとりで頑張ろうとせずに、誰かを頼ってみましょう。

 

 

④ひとりでいいから友達をつくる

そのオンラインサロン内で新しく友達ができたら、楽しさは倍増するはず!

 

サロン内のメッセージのやりとりや自己紹介文を読んで、

自分と気が合いそうな人がいたら、返信や個別メッセージをしてみましょう。

 

いきなりリアルな場で話しかけるのは大変ですが、

文章でのコミュニケーションは内向型の得意分野。

 

言いたいことをじっくりまとめられて、ある程度自分のペースで会話ができるので、

トライしやすいと思います。

 

無理して友達を多く作ろうとする必要はありませんが、

ひとりぼっちのままでオンラインサロンにいるメリットもありません。

 

人との出会いから得られる刺激はオンラインサロンの醍醐味のひとつなので、

気になる人とは少しずつ交友を深めていきましょう。

 

 

⑤まとめ役や聞き役を担う

「あの人みたいに積極的に発言しないと」

「どんどん意見して自分も頑張らないと」

と気合を入れるのは逆効果。

 

内向型にとってそれはすごく苦手なことなので、どんどん自分を追い詰めてしまいます。

 

周りのペースに合わせようとしないことが、楽しむポイント。

この環境で自分に何ができるのか考えてみましょう。

 

あくまで一例だけど、”まとめ役”に徹するのも良さそう!

スピーディーにアウトプットができない分聞き役に徹して、

サロン内の情報やスケジュールをまとめてスレッドを作ってみるとか。

 

張り合うのではなく、自分の得意なところを伸ばしていけるといいですね!

 

 

 

 

無理してオンラインサロンに入る必要はない

自分の失敗談を踏まえて、オンラインサロンを楽しむ方法を書いてきましたが、

そうはいっても、オンラインサロンは外向型向きの場だと私は思ってます。

(今後バージョンアップしていくかもしれないですけどね。)

 

内向的な私たちにとっては、やっぱりハードルが高いんです。

 

体験して初めて知れることもたくさんあるから、

気になるところがあるならもちろん思い切って入会した方がいいけれど、

流行っていることを理由に、無理してオンラインサロンに入る必要はありません。

 

 

自分に合った場所や手段を選ぶことが大事。

 

マンツーマンや少人数制の環境の方がいいかもしれません。

本や動画や単発セミナーで学んだ方が自分に合っているかもしれません。

興味があるなら、オンラインサロンを選べばいい。

 

 

「みんなが良いって言うから…」と他人に流され振り回されることなく、

「自分がどうしたいのか」を軸に意思決定できれば、選んだ手段は”正解”です。

 

そして、選んだからには、与えられるのを待つのではなく、

最大限に活用するために工夫しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。