国内物販ビジネスの利益最大化の戦略〜外注化をしよう〜



 

お客様が欲しがっている商品をできるだけお得に仕入れて販売する、物販ビジネス。

正しいセオリーやルールに従って商品選定・仕入れ・販売を繰り返すことで収益が生まれるので、

行動量がそのまま結果に繋がる、とても分かりやすい副業です。

 

ですが、それは裏を返せば、「結果が出れば出るほど作業量が増えて忙しくなる」ということ。

自分ひとりでは手に負えないくらいの作業が降りかかってくるタイミングは、誰にでも必ずやってきます。

 

 

物販の実績が出てきたら「外注化」しよう

では、物販ビジネスで継続的な収入を得ている人は、その壁をどう乗り越えているのかというと、

人や便利なサービスの力を借りています。

 

ビジネス的に言うと、「外注化」。

必要だけど自分の手が回らない作業を、別の人に任せて代わりにやってもらいます。

 

”人を雇う”というと、社員やアルバイトを募集・採用することをイメージするかもしれませんが、

そんなたいそうなことをするわけではありません。

 

外注スタッフさんは、あくまでピンポイントでお仕事をお願いするということ。

社員やアルバイトのように、難しい雇用契約や社会保障の付与の必要はありません。

 

ランチにピザのデリバリーを頼んだり(料理の外注化)

エアコンや水回りの掃除を掃除会社にお願いしたり(掃除の外注化)することと

似た感覚で考えるくらいがちょうどいいです。

 

会社も、営業・事務・経理・総務・広報…などと分業して事業をしています。

副業・在宅ワークといえど、成果が出てきたら自分でチームを作ることに挑戦しましょう。

 

 

 

外注化の意義

1番のメリット:利益の最大化と継続収入が見込める
忙しくなって作業が滞ると、当然売れ行きも停滞してしまいますし、

いつまでも作業に追われてばかりだと気持ちも滅入ってしまいますよね。

 

自分がやらなくてもいい作業を誰かにやってもらえば事業を円滑に回すことができますし、

これまで単純作業に割いていた時間を、自分がやるべき重要なことに費やすことができます。

例えば、目標売上の設定・行動計画や戦略策定は、自分で考え決めるべきお仕事ですよね。

 
雇用促進効果がある
世の中には、隙間時間で気軽にお小遣いを稼ぎたい人や単純作業を請け負って家で仕事がしたい人もたくさんいます。

「こんな仕事やってくれる人なんているんだろうか?」と疑心暗鬼になるのは自分勝手。

大げさかもしれませんが、人にお仕事をお願いするのは善だと私は思っています。

 

これまでに協力いただいたスタッフさんの中は、私の働き方を間近で見て、

物販ビジネスに興味を持って、しばらくしてご自身で物販を始められた方もいるんですよ。

 


 

 

物販ビジネスで外注すべき作業は?

「誰でもできる単純作業」からお願いするのが鉄則。

最初は、商品の出品やデータ登録などの入力作業がおすすめです!

入力ルールを簡単に伝えるだけで、すぐに手離れが実現できます。

 

その次は、商品の梱包・発送作業!

今まで自宅で受け取り発送していたものを、

直接外注スタッフさんのご自宅に届くように手配し、代わりに発送作業をしてもらいます。

入力作業に比べるとルールも多く、ルールに慣れるまで一定期間のフォローは必要ですが、

この作業をお任せできたら、時間的にも精神的にもかなり余裕ができますよ。

 


 

 

 

外注スタッフさんはどこで探すのか?

在宅の仕事や単発のお仕事を探している人と仕事を依頼したい人を結ぶ

クラウドソーシングサイトを活用します。

クラウドワークスランサーズあたりがおすすめです。

 

これらのサイトにお願いしたい仕事内容を掲載して、応募してくださった方を採用します。

登録料・掲載料は無料なので、気軽に募集をかけることができます。

 

ちなみに、商品の荷受・発送を請け負う代行業者も複数あるので、

業者を利用するのもひとつの手です。

 

 
個人にお願いするメリット
・臨機応変に対応してくれる

・トータルで考えると、代行業者よりもコストを抑えられる場合が多い

 
個人にお願いするデメリット

・採用の手間がかかる

・最初は自分が作業を教える必要がある

 

 
業者にお願いするメリット

・採用や教育の必要がない

・発送料金そのものは特約価格で安い場合もある

 
業者にお願いするデメリット

・ゴールデンウィークや年末年始などは休みになることが多い

・個別対応してもらえない

 


 

 

外注化を始めるタイミングは?

1、利益と経費のバランスで決める
仕事を外注すると、お仕事をしてくださった方に支払う作業料がかかります。

極端な例ですが、利益が0円の状態で外注化すると、経費で赤字になってしまいますよね。

自分がお願いしたい仕事の作業料の相場をクラウドワークスやランサーズでチェックして、

だいたいの経費を把握しましょう。

 
2、忙しさレベルで決める
現段階での実績関係なく、自分が手いっぱいになってきたと感じたときは、

外注化に踏み切ってもいいタイミングです。

 

私自身、副業時代は当時の物販の先生に、

外注化開始の基準は「月収5万円達成」だと教えてもらいましたが、

継続収入と利益最大化のための前向きな投資が外注化。

 

本業や家事育児のバランスなどを見て、

もっと早い段階で外注化を始めるのも全然OKだと思います。

 

作業が滞って悩んでるくらいなら、さっさと人に協力を仰いでしまった方がいいですよ♡

 

 


 

 

お知らせ

【1名から参加可!】「さりげなく稼ぐ私」になる♡物販ビジネス体験ワークショップ

動画「物販ビジネスの概要と継続収入を叶える法則」(約60分)をプレゼント!

「働くって楽しい!」
「稼ぐっておもしろい!」
「今日も1日があっという間だったな♡」

在宅でもできる物販ビジネスで、
そんな毎日を一緒に叶えていきませんか?


詳細・お申し込みはこちら

 

夫婦共同ブログ『夫婦起業〜仕事も家事もコラボする生き方』更新中!

サイトはこちら

 

 

初の著書『OLやめてみませんか?』発売中!

【30代からの働き方に悩む全ての女性へ】

満員電車のストレス、やりがいのない仕事、頑張っても上がらないお給料、面倒な人間関係……限られた収入と週末のために、平日を我慢していませんか?やる気なし・目標なし・自信なしの元事務職OLが、働き方を模索し辿り着いた「起業のリアル」をお伝えします。

ご購入はこちら